2022年01月20日

難化した共通テスト数学への対応

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



2022年の共通テスト数学は
これまでのセンター試験を含む歴史上
最も低い平均点になると言われています。
それくらいこれまでの試験対策では
歯が立たないくらいの問題の変化起こっています。

おそらくこの変化の犠牲者になったのは
数学の偏差値が50〜60くらいの
中の下から上の下くらいのレベルの
ボリュームゾーンを形成する層の生徒です。

例えば文系の国立大学狙いで2次試験には
数学は使わないという人は
数学は共通テストで70点くらいを目指す
というレベルの勉強をしているはずです。
このような生徒は数学にさほど時間を割かずに
計算力と解法の組み合わせで答えを出してきました。
それが思考力や洞察力を駆使しながら
素早い計算で答えを出す高度な数的処理を
要求する問題に出くわし手も足も出ないで
試験時間を終えたことになります。

おそらくこの出題傾向は来年以降も大きくは変わらず
共通テストにおける数学の勉強は
数学本来の深い数的処理の勉強が求められる
そんな勉強になります。

数学本来の数的処理に必要な力とは
まず素早く正確な計算力です。
計算は数学の基礎です。
数学を苦手にしている高校生は
計算力が中学生以下のレベルなのです。
計算に時間がかかると問題を処理する時間が
大幅に増えてそれだけで時間切れアウトになります。

計算力を付ける練習はひたすら計算をすることです。
学校の計算トレーニング問題集の4ステップなどを
春休みを利用して短期間に1〜2周回すなどの
計算強化練習をしてください。
しっかりと取り組めば2ヶ月後には
かなりの計算力が身につきます。

数的処理能力を高めるには
過去問や模試の問題を制限時間マイナス15分
くらいのスピードで解く練習を繰り返すことです。
60分のテストなら45分で楽に解けるくらいの
処理スピードが必要です。
素早い処理能力は複雑に組み合わさった問題でも
解法の糸口を見つけ時間以内に解く速さが定着します。
これには計算力のスピードも必要なのは必然です。

今回の共通テストの数学は一部の数学オタクのような
人だけが解ける難問ということではなく
複雑で高度な数的処理が組み合わされた問題といえます。
これは数学が分かる人なら時間さえかければ
問題なく解ける標準問題なのです。
今回の問題は今まで見たことがない問題で
解法のあらすじを見つけるまでに時間がかかります。
つまり今後数学で高得点を取るには
複雑な問題の組み合わせを瞬時に見破る
数的処理の徹底した基礎力と
正確で速い計算力で答えを出す即答力が
ますます求められる数学になったのです。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明






夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験

2022年01月19日

勉強のやる気をつくる希望の法則

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



最近母親からの相談で「子供が勉強する気がない」
というものが多く寄せられます。
やる気には動機づけが必要です。
動機づけには2つの種類があって
「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」です。
「外発的動機づけ」は要するに「アメとムチ」です。
次のテストで80点取ったら新しいゲームを買ってあげる
というのが「アメ」で
悪い点を取ったら厳しく叱るというのが「ムチ」です。

しかしこの両方の「外的動機づけ」は今の子供には
あまり効果的ではありません。
それは今の子供は動機づけの基準がモノではなく
気持ちに変わってきているというのです。
それは生まれたときから周りにモノが溢れている
現代では「モノ」は当たり前にあるものであって
欲しいものではなくなってきているのです。

現代の動機づけの基本は「面白いかどうか」です。
勉強が面白いと思えばやるし
つまらないと思えば「アメ」をちらつかせても
やらないのです。
「面白いかどうか」を基準とする動機づけを
「内発的動機づけ」といいます。

「内発的動機づけ」に効果的なのが「希望の法則」です。
「希望の法則」には3つの原理があります。
1 頑張ればうまくいく
「やってもわからない」がやる気を無くす原因です。
それには「今はこれがつまずきの原因だよ」という
フィードバックを与えてやることです。
フィードバックは一度ではできるようにはなりません。
フィードバックの繰り返しがやる気を起こす要因です。

2 十分にやれそうだ
できない目標ではなく達成可能な目標を与える
最低限達成できる目標設定を工夫する。
など目標設定法を変えるとやる気に結びつきます。

3 何をどうすればいいかわかる
できない子は勉強とは教わるものという
依存経験から抜け出ることができません。
成長過程で教わる勉強は小学生から中学生に
徐々に教わるから自分で学ぶ勉強に変えていきます。
そして高校生の勉強は8割は自分で計画し実行する
自立型の勉強になるのもです。

今の子供はやってもできるようにならない
と諦めている人が多すぎます。
それはやって失敗したらそれで親も周りの大人も
「あなたは勉強ができない」とすぐに結論づける
性急な結果をしてしまう大人が多すぎるのです。
成功とは直ぐにできることではなく
多くの失敗を乗り越えた先にやっと辿り着く
積み重ねなのだと知るべきです。









サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 生き方を学ぶ

2022年01月18日

スケジュール作成能力と勉強の実行能力

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



スケジュール作成能力とは
勉強で言えばいついつまでに何を仕上げるという
長期的な視野に立った受験勉強の管理能力を指します。
学校の定期テストはほぼ一夜漬けのような勉強で
乗り切ることが大半で
いくら定期テストの成績が良くても
長期的な学習計画を必要とする受験勉強には
まったく役に立ちません。

学校のテスト勉強になれている高校生にとって
長期の受験勉強計画は立ててもほとんどは
計画倒れになるのが目に見えています。
受験勉強の学習計画が予定通りに進まない
一番の理由は時間で勉強計画を立てるからです。

受験勉強のスケジュール作成には
時間を計画するスケジュールではなく
勉強の量をスケジュールする計画を作ると
勉強の実行能力が高まることがわかっています。

勉強は何時間したかではなく
どの教材を何ページしたかのほうが
成果が出ることは明白です。
いくら長い時間勉強してもそれは自己満足でしかなく
実際にはページ数に直したらわずかしかしていない
ことのほうが圧倒的に多いのです。
そしてテスト前に長時間勉強しても
結局テストには何の役にも立たずに
勉強に対する苦手感がますます強くなるのです。

受験勉強をスケジュール化するとき
例えば数学ならチャート式を1週間で50例題
終わりにするという計画を立てても
その予定は狂うものだということも
理解する必要があります。

この場合勉強スケジュールを1週間目一杯入れると
予定が1日崩れた途端1週間全部が崩れる可能性があります。
1週間単位で予定が狂わずに勉強が進むように
スケジュールを組むときには週末を微調整日にあてて
予定の調整と総復習を週末に置くことが大事です。
これにより1週間がうまく回ったたときには
週末は勉強しない日にすることもできて
余裕のある受験スケジュールができます。

スケジュール作成能力はこのように失敗を繰り返しながら
自分にあった勉強実行能力と微調整をしながら
上手く作っていくものです。

勉強は上手くリズムに乗ると
毎日確実に勉強する習慣ができます。
勉強の習慣化は定期テスト前の徹夜で乗り切る
という無謀な勉強をしなくても結果を出すようになります。
そしてその成果が更に勉強に対してのモチベーションに
なるのです。

スケジュール作成能力は大学受験においては
なくてはならない能力です。
そして最適なスケジュールこそが
無理のない勉強の実行能力を生むのです。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明



夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 運命を変える