2020年01月28日

数学ができないのか問題が読めないのか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。



大学受験では最後のセンター試験が終わり
2次試験に向けての勉強が始まりました。

数学は来年の共通テストへの変更を
意識してか今までとは傾向が違う問題が
出てきて平均点をかなり下げました。


来年の「大学入学共通テスト」では
数学TAにも英語にも共通して
読解力を見る問題に大きく様変わりします。
数学は計算力に加えて
問題文を読んでどんな数式が必要なのか
意味を見通す読解力が必要になります。


数学に読解力が必要なのかと
思われるかもしれませんが
実際に高校生の中にこのような生徒がいます。
前橋市近郊の進学校に通っていて
数学の基礎力は中程度の成績で
チャート式などのパターン学習をする参考書も
普通にこなせるくらいの実力を持つ生徒が
学校の模試で初めて見る問題に接すると
「問題の意味が分からない」と言って
まったく問題が解けなくなります。

数学が分からないのではありません。
なぜなら解答解説を見れば解き方は分かり
同じ問題を2回目に解けば解けるからです。
もしも数学が分からなければ
解答解説を見てもチンプンカンプンで
まったく手が出ないでしょう。

しかし数学を苦手としている生徒は
初めて見る問題にまったく手が出ません。
これは数学がわからないのではないのです。

では何が問題なのかと言えば
問題文を正確に速く読む読解力の欠如なのです。
中高生の読解力不足は深刻なレベルにまで
落ち込んでいるという調査があります。
今や中学生の1/3が教科書の簡単な記述も
理解できないレベルであり
進学校と言われる高校でもその1/2は
入試レベルの問題がまったく理解できません。

なぜこのような読解力の低下が起こるのかと言えば
受験勉強するのに問題文を読まなくても
ある一定のパターンを詰込みで丸暗記すれば
70点くらいまでの点数なら取れてしまう
受験テクニックが横行しているからです。

つまり試験の問題文を読まなくても
ある程度の受験テクニックで解けてしまうので
問題文を読むなどと言うめんどうな勉強は
敬遠されてしまうのです。

その結果試験の問題文が全く読めずに
それでも偏差値55くらいまでは
楽に到達できてしまうという
パターン学習の弊害と
しかし根本的に問題が解けないという
読解力の低下が中高生全体の問題として
最近クローズアップされてきました。

数学の問題は出来るけど
模試の初見の問題は意味が分からない
という発言は読解力の低下が招いている
学力そのものが低下していることを
証明しています。

来年受験を迎える高校2年生も
楽に速く問題が解けるテクニックよりも
少し時間をつくってじっくり問題文を読み込む
読解力を上げる勉強に取り組んでください。

サクセスでは受験生でも時間をつくり
じっくり問題を読み込む学習を行い
読解力養成に時間を使います。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。

この内容は「AI vs 教科書が読めない子供たち」
(新井紀子著)を参考にしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | アクティブラーニング

2020年01月27日

AIに負けない本物の国語力を身に付ける

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


2030年代になると今の仕事の半分は
AIに代替されるというデータがあります。
特に今のホワイトカラーの事務作業のほとんどは
無駄が多いと言われていて
AIに代替されることで能率が3倍以上になると
いう研究者もいてAI導入のスピードは
考えている以上に早い可能性があります。

問題はAI社会になることで仕事を失う人が

毎年東大に100人前後の合格者を出す
関西の名門高校「灘高」では
受験勉強に特別な答案作成のテクニックに
偏った勉強などは全く行われていません。
それは勉強の本質である正しい理解を求める
教育が行われます。
正しい理解と小手先の技術で出来るものではなく
正しい勉強ができて初めて正しい答えが
得られるのです。

正しい勉強とは解答技術の習得でもなく
選択肢の問題でまぐれで正解したとしても
その答えは偽物であって
実力が伴わない正解は何時かは必ず
ぼろを出すことになります。

記述式の場合は絶対に実力がモノを言います。
その実力とは正攻法の勉強でないと得られません。
すぐには効果が見えなくても
見えない部分で積み上げられた勉強は
いざと言う時大きな力となって成果に現れます。

受験のことだけ考えていたら
まるで損をしているような勉強こそ
それが受験に強くなる最良最善の勉強法だと
固く心に留めてください。

そしてその本当の勉強の土台が
国語教育なのです。
国語は「読むこと」「書くこと」「話すこと」
「聞くこと」の4技能の土台です。
最近英語の4技能が話題に出ますが
国語の4技能がまともに使えない人に
英語の4技能が身に付くはずがありません。

灘高の東大合格を始め難関大に多数の
合格者を出す教育の土台は
国語教育に重きを置いたカリキュラムが
あるからこその実績なのです。

今から50年も前に「灘高式勉強法/国語」
と言う著書が世に出ました。
そこには国語の勉強に即効性のある
薬のような妙薬はないということが書かれています。

灘式勉強法にはこのようなことが書いてあります。
「灘高では人間喪失な過酷な詰め込み教育が
行われていると言われます。
もしもその世評が事実なら高校生は点取り亡者であり
教師は吸血鬼のようなものです。
こんな人間関係がまかり通るなら
灘高体制はすでに内部から崩壊しているでしょう。
しかし灘高が成果を上げ得たのは
特殊な受験体制を取ったのではなく
最も地味でオーソドックスな勉強法を
指導し続けてきたからに他なりません」

AIに負けない本物学力とは
受験に合わせた促成の学力ではなく
じっくりと育てた国語の読解力をベースにして
それを他教科に展開した本物の学力です。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。

この内容は「AI vs 教科書が読めない子供たち」
(新井紀子著)を参考にしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強の意味

2020年01月26日

大学入試偏差値60超えに必要なもの

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


「AI vs 教科書が読めない子供たち」
(新井紀子著)の中でAIが東大に合格するか
と言う実験が行われ
AIに受験知識をディープラーニングで教え込み
センター試験と東大2次試験に挑戦させたところ
結果的には偏差値60前後でAI学習レベルが止まり
それ以上の向上が見られなくなった
という結論になったそうです。

偏差値60とはGMARCHレベルの大学には
合格をすることを意味します。
しかし逆に言うと偏差値60までの試験問題なら
AIは合格する力を持っているので
偏差値60前後の大学生が就職をして仕事をする
その仕事自体がAIに代替される可能性がる
ということを暗示しています。

しかしなぜAIは偏差値60前後で学習レベルが
止まってしまったのでしょうか
そこにはAIの持つ決定的な限界が見えます。
それはAIは「言葉の意味が分からない」と言う問題です。
AIが問題を解くとき言葉の意味を理解して解くのではなく
大量の言葉をディープラーニングして
その大量の言葉の中から検索と確立の理論を使い
正解を導き出すです。

大学の入試問題は偏差値60くらいまでは
フレーム問題と言ってある言葉に対応する
同系列の言葉を見つけることでほぼ正解が
得られる問題構成になります。
例えばアメリカ第44代大統領は誰かと言う問題では
人間なら暗記しているかどうかだけで
答えを見つけますか
AIは「アメリカ」「第44代」「大統領」という
キーワードを見つけてあとは「アメリカ歴代大統領」
の資料中から44代を見つけるだけです。
答えは「バラク・オバマ」でAIなら一瞬で
答えられます。

しかしある文章の中から答えを見つけることは
AIにはできません。
夏目漱石の「吾輩は猫である」の猫の名前を
次の選択肢から選べという問題で
1 ミーコ
2 太郎
3 ドラミ
4 ない
から答えを見つける事がでいないのです。
答えは「ない」です。

このようにAIでは「文章読解力」がありません。
大学入試で偏差値60を超えるためには
高度な文章から答えを見つけ出す
「文章読解力」が必要になります。
偏差値60を超える力を持つ受験生は
ほとんどが文章読解力が高いという
調査結果が出ています。

「文章読解力」とは
受験にはとても重要な能力です。
AIが偏差値60までは到達するのは
大学入試の問題のほとんどが
フレーム問題で出来ているからです。

もしも大学入試改革で「読解力」が
入試問題の主要なテーマになり
フレーム問題が少なくなると
AIの偏差値は一気に下がることになります。
同時に「読解力」を持たない受験にも
大きな試練が訪れます。

「読解力」を持たない受験生は
試験問題を見ても「何が書いてあるのか分からない」
という状態になります。
現状のセンター試験でも偏差値が50に届かない
受験生は受験知識が足りないと同時に
相対的に「読解力」が弱いという問題があります。

もう一度言いますが
「読解力」とは試験問題を見て
「読んで分かる」という能力です。
おそらく勉強ができない人の半分以上は
学校の教科書が「読めない」レベルの
高校生なのです。

大学受験を目指す高校生は
すでに勉強済みの学校の教科書を読んで
「意味が分かる」かどうか
すぐに調べてください。

もしも勉強済の教科書を読んで
「何が書いてあるのか意味が分からない」
のであればそれは勉強が足りないのではなく
「読解力」が足りないのが原因であることが
十分に考えられます。

「読解力」を養う勉強は基礎的な参考書を
意味が分かるまで読み込むことが大事です。
サクセスでは「読解力」を付ける勉強をしてから
受験基礎力の勉強に入るプログラムを作ています。
相談は随時受け付けます。
お気軽にお問い合わせください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | アクティブラーニング