2019年06月30日

受験生の夏のゴールデンタイムは早朝

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


受験生の夏休みの受験勉強の時間管理について
書きますので参考にしてください。
重要なのは早朝2時間です。

脳科学者の茂木健一郎氏は
「朝の数時間は脳が最もよく働く
ゴールデンタイムだ」と言います。

私たちは日中の活動を通じて目や耳から
様々な情報を得ています。
その情報は大脳辺縁系の一部である
「海馬」に集められ
短期記憶として一時的に保存されます。
その後に大脳皮質に運ばれますが
この段階では記憶は蓄積されているだけです。

それが睡眠をとることで記憶が整理され
長期記憶に変わります。
すると朝の脳は前日の記憶がリセットされ
新しい記憶を覚えたり創造性を発揮することに
最適な状態になります。
この脳の仕組みが朝の時間がゴールデンタイムだと
言われる理由です。


1日のスケージュール管理を
ハンググライダーをイメージして
考えてもらうとよくわかります。
朝起きた時が飛びったった時で
その時が一番高いところを飛べます。
つまり朝はトップスピードで勉強を
こなせることになります。
そして時間の経過とともにグライダーは
降下するのと同じで
夕方に向かうにつれて身体能力が
落ちていくのです。
夜は脳の活動は
グライダーが着陸態勢に入るような
低空飛行をしているようなもので
勉強しても効率があまりよくありません。

夏休みの勉強のピークを朝にもっていくのは
脳科学的にも理にかなった勉強法なのです。

受験勉強法で例えれば
まず朝起きたら冷たい麦茶や水を飲んで
気持ちをシャキッとさせます。
そして誰にも邪魔されない時間を2時間使って
昨日の復習を軽く30分くらい行います。
その後今日の勉強計画のメイン勉強を
1時間〜1時間30分くらい勉強します。
これはこの時間ですべて覚えるのではなく
1日をかけて完全の覚えきるための
第1回目の勉強だと思ってください。
だから今日1日の勉強内容をさらっと目を通すような
勉強でいいのです。
特に単語や覚えなければいけない内容は
手を使いながら書いてください。
ただ眼で見るだけでなく手を使うことで
より記憶が鮮明に覚えられます。


これで朝の時間は終わりです。
朝食を食べて少しゆっくりしたら
午前中の2回目の勉強をしましょう。
ここでは朝に軽く勉強した内容をもう少し深く
憶える勉強になります。
最も朝に1度目を通している内容なので
「なじみ感」が出て勉強が進むと思います。

朝と午前と勉強が進めば
午後3回目の勉強はかなり進んだ勉強になります。
夜は身体が疲れているでしょうから
速めに寝て次の朝の勉強に備えましょう。


朝の勉強が中心になると
夜遅くまで起きて勉強するスタイルは
効果がないと思えるようになります。

夏休みは朝型の勉強が楽にできる期間です。
ぜひ今から朝型の勉強に切り替える
練習をしてください。
朝のゴールデンタイムを上手く使えた人は
受験生としてトップレベルの人です。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。

この内容は茂木健一郎著
「すぐやる脳のつくり方」を参考にしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習の時間管理

2019年06月29日

夏期講習を受け身で受けても勉強は出来るようにはならない

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


多くの塾や予備校で夏期講習を開催します。
その講座に参加する中学生・高校生は
なぜ夏期講習を受けるのかというと
「英語が分からないから夏期講習を受ける」
「受験で今よりもいい点を取りたいから受ける」
というような実に曖昧な理由で夏期講習に申し込みます。

結論として「苦手な教科をどうにかしたい」
「受験勉強が出来るようになりたい」
という理由で夏期講習に参加しても
わずか1週間や10日くらいの講習に参加しても
受験勉強が出来るようになるわけがありません。

では効率的効果的な夏期講習の受け方は
それは数学の2次方程式の部分を
徹底的に強化したいとか
英語の文章読解力を短期間でつけたいとか
ピンポイントで強化部分がある生徒は
集中的にその部分を強化できるので
夏期講習が終わった時にはもうその弱点が
得点源になっているのです。

そもそも数学が苦手・英語が苦手
と言っている生徒は
その教科の勉強自体をしていません。
だからその教科のどこが苦手でどこが得意なのか
まったく分析もしていません。
だから夏期講習のような短期間の講座では
全体を網羅することなどできないので
いくらやっても苦手教科を克服できません。

夏期講習でその教科を得点源に
出来るようにするためには
講習前に講習で使うテキストを
1度事前勉強しておいて
事前にわかる所と分からない所を
見つけておいて
講習期間中に分からないことろを
すべて潰す勉強をすることです。

ところが多くの塾や予備校では
講習が始まる前に使用テキストを
生徒に渡すような気の利いた事はしません。
それは講習が始まる前に生徒が予習をして
「もう講習の内容はすべてわかりました」
ということを避けたいからです。
塾も予備校も授業で内容を解説して進める
講師中心の授業形式を取ります。
だから授業を始める前に生徒が講座内容を
知っていてはまずいのです。
そして講座内容を事前に知られたらまずい
と思う講師は相当レベルの低い講師です。

受験生の中にはこれから塾や予備校の
夏期講習に参加しようと
している人がいると思いますが
数学が苦手だから英語が苦手だから
という理由で講習に参加しても
ほとんど得るものなく終わる羽目になります。
そうではなく事前にしっかり勉強をして
自分の弱点個所を見極めて
その部分を強化してくれる夏期講習を
探してください。

つまり夏期講習は夏期講習が始まる前の
事前勉強が重要なのです。
その意味ではもう夏期講習は始まっていると
行ってもいいでしょう。

受験生はこの夏を有効に過ごすためにも
夏期講習をどう自分に活かすか
受け身で参加するのではなく
積極的に主体的に講習に参加してください。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習効果

2019年06月28日

受験勉強は志望校を決めた日から始まる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


7月になると夏休みがもうすぐやってきます。
期末テストは6月中に終わる学校がほとんどで
1学期の成績が決まると終業式があり
40日にもなる夏休みになります。
高校3年生はいよいよ来年のセンター試験まで
あと6か月半になります。
しかし多くの高校生がいまだに志望校が決まらない
どの大学がいいのか決まっていない状況になっています。
それは大学は学校の成績と模試の成績によって
受験する大学が決まるという
受験生にとって最もやっていけない事をやっているからです。

更に悪いのが国公立志望なのか私立志望のなのか
それさえもまだ決まっていない高3生がいることです。
国公立と私立は受験科目も試験制度も
まったく違う試験です。
それさえ決められないのはなぜ大学に行くのかの
根本的な目的意識が欠落している証拠です。
大学を就職に有利だから位の軽い気持ちで
受ける人にとって勉強はできればしたくない
そしてしなくて受かる大学に決めることが
一番楽な進学の方法なのです。


また大学受験を
自分の実力が上がってから行きたい大学を決める
という勉強をしている人は
何時までたっても受験する大学が決まらず
結局行ける大学にしか行けない生徒になってしまいます。


大学受験はまず自分が行きたい大学を決めて
その大学の合格最低点を調べて
(合格最低点が公表されていない大学は
平均点に0.9をかけておおよその合格点を出して)
その大学の試験科目に合わせて
自分の今の実力と合格最低点との
ギャップを埋めるための勉強計画を立て
それを勉強で実行していくものです。

学校の勉強や期末テストは
学校の成績を上げるためのもので
自分が行きたい大学に合格する勉強ではありません。
大学に合格する勉強とは
来年のセンター試験で合格最低点を
1点でも上回るための勉強です。

ですから自分が行きたい志望大学が決まらないのは
行き場所が分からないのに
駅に行って切符を買おうとするようなものです。


今高校3年生で来年大学に行きたいと思う人は
特に国公立大学に行きたいと思う人は
自分の志望大学をすぐにでも決めてください。

もし志望大学が決まらない人は
サクセスで無料進路相談会を行いますので
ご連絡をください。
キミの夢と今の実力を総合的に判断して
来年のセンター試験で必ず夢を実現する
奮い立つようなビジョンが持てる
最高の志望校を見つけ出します。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験