2019年07月31日

英語能力を高める音読勉強法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。



英語力を高める勉強は
人間の感覚の3つの力を上手く使うことで
英語力の飛躍的な強化が期待できます。

その3つの感覚がVAKです。
VはVisual(ビジュアル)
つまり視覚です。
AはAuditory(オウディトリイ)
つまり聴覚です。
KはKinesthetic(キネスティック)
つまり体感覚です。

この視覚・聴覚・体感覚を英語学習に使うとは
目で黙読をして
声に出して音読をして
手を使って筆記をする
この3つの感覚を上手く組み合わせて
勉強効果を高める方法です。


特に英文の音読を習慣にしている生徒は
ごくわずかです。
音読は目で見て声に出して
それを自分の耳で聞くという
VとAを同時に使う勉強法です。

英語は音読して読めない単語は
意味もつかめないし書けません。
英文をスラスラ音読できることで
英単語を覚える基礎ができます。

英単語を覚える時は
手を使って英単語を書いて覚えますが
その時音読を一緒にすることで
単語記憶力が飛躍的に高まります。


音読学習は自分で声を出して勉強するもので
学校や塾では声を出すことができませんから
一人で出来る自分の部屋が最高の学種環境になります。

まずは教科書の音読から始めてみましょう。
教科書の英文はせいぜい3〜4ページの
短い文章ばかりです。
教科書の英文を1単元当たり
5〜10回はくり返し音読すると
内容が分かって着たり
単語の意味が分かってきたりします。

次に受験用の参考書を音読します。
100〜300文字くらいの長文のある参考書を
これも5〜10回くらい音読して
読めない単語や意味のつかめない単語を
スマホで調べて意味をつかんでおくと
単語の学習にもなります。

最後はセンター試験や志望校の過去問の
音読をします。
センター試験の長文問題は
600字〜800字程度の文章を5分程度で読み込める
速読力が要求されます。
過去問の音読をくり返すことで
塩分の速読力も身に付いて
英語の試験を早く正確に解けるようになります。

夏休みは家での勉強時間が増える
絶好の音読練習期間です。
家族に気にせずに
大きな声で英語を読み込む練習を
自分の部屋で続けてください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 英語音読で読解力をつける

2019年07月30日

人生の課題と向き合う夏休みにしよう

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。



大学受験勉強を始める時
志望校を聴き
現状のレベルとその志望校のレベルの
差を埋める勉強勉強計画をつくり
勉強を始めてみると
なかなか結果が出ない
計画が上手く進まない
学校の定期テストや宿題や学校行事で
勉強自体ができない
など受験計画はあっという間に崩れていきます。
でも受験勉強はそれが当たり前なのです。


受験勉強を始めて
やればやっただけ結果が出て
すべてが順調などと言う夢のようなことは
絶対に起きません。
受験勉強はその壁が大きければ大きいほど
勉強自体が苦しく結果も出ず
逆に今までよりも結果が悪くなることなど
普通に起きます。


そしていくら勉強しても(しているふりも含めて)
結果が出ない焦りや不安が起こると
生徒には2つの選択肢を取る時がやってきます。

受験勉強が上手く行かなくなった時
大多数の生徒が取る選択は
「本当はこの大学に行きたくなかった」
「本当は違うことがやりたかった」
と言って志望校を変える生徒
国公立から私立に志望校を変える生徒
もっとすごいのは大学受験自体をやめる生徒
がいます。
大学受験勉強を始めてみて
自分には勉強が合っていないと思うのは賢明です。

自分に合っていない勉強を無理やりして
それでなんとなく大学に合格しても
その先の進路でもっと大きな挫折が待っています。


受験勉強を始める時
最も大事なのはなぜ勉強するのか
その勉強を使って自分は何をしたいのか
自分はどんなことで人の役に立つのか
その人生の課題をしっかりと考えて
勉強の目的を明確にすることです。

そしてもっと大事なことは
勉強を始めても
絶対にやればやるほど結果がよくなる
などということは絶対に起きません。

人生のほとんどはその逆に
やってもやってもう上手くいかない日々の連続です。
勉強をやればやるほど悪くなることは
当たり前なのです。

「それでもあなたは勉強しますか」
そう神様が試練を与えてくれます。
毎日が試練の連続です。
苦しくて苦しくて勉強なんて辞めたい
と何度も思うことがあります。
辛くてつらくて夜も眠れない日々が続きます。

「それでもあなたは勉強しますか」
と試練を与えられても
決して最初の決意を変えない人がいます。

「自分のやりたい勉強はこれです」
とハッキリ言える人がいます。
これがもう一つの選択の方法です。

そしてこの人は必ず自分の夢を叶えることができます。
まるで奇跡が起こるように
試験に好結果を残して大学に合格します。

自分の人生に真摯に向き合い
自分の人生の目標をしっかり決めて
どんなに苦しい日々が続こうとも
決してひるむことなく
毎日コツコツ勉強する人には
やがて神様が微笑んでくれます。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 生き方を学ぶ

2019年07月29日

国公立大学受験で夏休みにこれだけはやっておくこと

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


夏休みが始まりもう7月が終わります。
長いと思われる夏休みもあと1か月です。
高3年生は9月になると大学入試センター試験の
案内が配布され9月末から出願開始になります。

受験勉強は夏を制する者は受験を制する
と言います。
特に国立大学志望の高3生は
対策する勉強量がものすごくあって
この夏にある程度の勉強にめどが立たないと
秋以降の勉強の計画が立たなくなり
結局志望校の変更や国立大を諦め
私立大に変更する高3生がいたりします。

一方夏までに受験勉強をある程度こなしていると
秋以降次のステップの勉強に入れるので
益々余裕が持てる受験勉強が出来ます。

高3生はあと1か月の夏休みを
本当に真剣に毎日過ごしてください。
この1か月の過ごし方が人生を変えるくらいの
気持ちで送らないと
本当に秋以降大変な状況になっていきます。

さて国公立大学を目指す高3生は
あと1か月をどう過ごせばいいのか話します。

1 得意教科と不得意教科の分析
得意教科は得点源になる教科です。
この教科はセンター試験で9割の得点を取る
勉強をしてください。
夏休みなど時間のある時期は得意教科の過去問を
10年分はすべて解いて問題の傾向や答え方
どんなレベルまで勉強すれば9割取れるのかを
分析してください。

不得意教科は何が不得意なのか
どの部分が不得意なのかしっかり分析をしてください。
数学が苦手と言ってもその中で
2次関数が苦手で方程式はまあまあ取れる
と細かい分析が必要です。
そして不得意教科でも点数が取れる部分はしっかり強化して
6割得点が取れるくらいにはしてください。


2 中堅国立大学までならセンター試験対策のみで
医学部や難関大学なら2次対策も視野に入れた対策を行います。
中堅国公立はほぼセンター試験が8割取れれば合格に
かなり近づきます。
中堅国公立大学は常に過去問を解きながら
どのくらいの完成度に近づいているのか
チャックしながらの勉強をしてください。

一方医学部や難関大は2次試験重視の大学が多く
しっかりした教科対策が必要です。

数学なら青チャートを3周はやり切る
英語なら長文対応の問題集をこれも3周は
解いてください。
夏休みならこれくらいの勉強は3週間もあれば完成します。
そのくらいの勢いで勉強できなければ
医学や難関大の合格はかなり難しいでしょう。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(5) | 大学受験