2019年07月25日

大学受験定番の数学チャート式ノートの使い方

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。



高校2年生の大学受験からはセンター試験に代わる
「大学入学共通テスト」が始まりまります。
この試験は特に数学と英語で
今までとは別な試験と言えるくらい
大きく内容が変わります。

数学に関しては
今までセンター試験でも大きなウエイトを占めていた
計算問題がほぼなくなり
問題解決のための過程を会話文等で追っていく
問題形式が多くなっています。

この形式の変化は与えられた資料をどう読み込むか
推論と知識の背景を思考する高度な数学処理能力が
一層要求されるようになります。


学校で宿題などで出される問題集は
未だに計算問題が主流ですが
素早く正確な計算力はこれからの大学入試では
必要な能力ではなくなります。


ではこれからの受験勉強はどのように
進めればいいのかというと
答えを出す能力ではなく
答えに至る過程までをしっかり身に付ける
解法マスター力が必要です。

数学の受験勉強でもっとも優れている参考書として
数研出版の「チャート式数学」という参考書があります。
これは受験に最も出やすい問題をほとんど網羅した
出題傾向を完璧に覚えられる参考書として有名です。

チャート式数学にはレベル別に
白・黄・青・赤と別れています。
中堅国公立大学を目指す生徒は
黄色チャートを完璧にすること
難関大や医学部受験を目指す生徒は
青チャートを完璧にすることを目指します。
(難関大受験は赤でもOKですが難しいです)


新しくなる共通テストに対応した
チャート式数学の勉強法ですが

チャート式数学の別売りとして
「チャート式数学ノート」という
演習用につくられた付属品があります。
価格は1500円もしないので
チャート式数学を買う時は
一緒にチャート式数学ノートを
買うことをお勧めします。


チャート式数学の使い方ですが
この参考書は解法の過程までを
身に付けるためにあります。

まず基礎例題と重要例題の問題を解きます。
解き方の工夫がすぐ下に載っていますので
それを参考にしながら解いてください。
もちろん解法と解答はその下にありますので
解き方がわからなければ
解法と解答を見て答え方を学んでください。

問題を解いて解き方がわからなく
解法や解答を見てもそれでも何を言っているのか
まったく解らない場合
数学の得意な友達や学校の先生に教えてもらいましょう。
このようにして解法ストックを身に付けていきます。

チャート式は数学TAで約250例題あります。
この膨大な問題を練習問題も含めて500問解き込めば
数学TAの受験問題はすべて網羅できます。
そのためには夏休みのような時間に余裕のある時が
絶好の数学の特訓時期になります。


チャート式は高校2年生の受験から始まる
共通テストにも抜群に効果のある参考書です。
それは答えに至る解法の理想的な説き方まで
身に付けることができるからです。

つまりチャート式数学で
共通テストに通用する勉強する場合
いくら正解そのものを出せても意味がなく
正解を出す過程そのものすべてを
憶えることに意味があるのです。
そうすることで記述問題も得点源に
できるようになります。


そのための勉強法として
チャート式数学ノート(以下ノート)
を上手に使いましょう。
ノートには上部に例題の問題があり
真ん中ほどに練習問題があります。
それ以外は空欄で書き込むようになっています。

そのノートにチャート式の解法をすべて覚えて
解法(途中式も含めて)を再現できるか
ノートを埋めてください。

ノートを使う時は答えが合っているではなく
チャート式数学の解法が再現できるかどうかを
ポイントに演習を重ねてください。


数学TAで2〜3か月で2周することが目標です。
数学UBで3〜4か月で2周してください。
この勉強にセンター試験過去問を組み合わせて
高校2年生なら時間がかかっても来年の2月までには
数学TA・数学2Bとも80点以上が取れることが目標です。
もしも80点が取れないのならもう1周する必要があります。


国立大学理系に合格するには
高校2年のうちに数学と英語を完成(過去問8割以上)
させる必要があります。
医学部や難関大受験者は更に数学と英語で
9割目標に自分の勉強を磨いてください。

チャート式ノートを上手に使い
志望大学合格を目指しましょう。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明










夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験改革

2019年07月24日

親の生きる姿勢と子供の性格の関係

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。



親の子供に対する虐待が社会問題化しています。
子供を虐待する親の共通点を探ると
自身が子どもの時からとても内向的で
勉強やスポーツに向かう意欲にかける
傾向が見て取れます。

これは今問題になっている
中高年の引きこもり問題と
根っこは同じ人間の内向的性格に
端を発しています。

この場合の内向的とは
大人しくて内向きな性格というよりも
他者にまったく関心がなく
自分の事しか考えられない自己中心的な
性格のことを指します。
一方外向的性格とはただ明るいだけではなく
自分の事ばかり考える自己中心的性格よりも
相手の喜ぶことを自分の事のように考える
貢献感のある人のことです。



不登校や引きこもり・学力不振や非行の
子供に共通する問題も
やはり子供の内向的性格に端を発しています。

一般的に言うと外向的な生徒は学校の成績が良く
またスポーツも得意な傾向があります。
一方内向的な生徒は友だち付き合いが下手で
成績もパッとしない傾向があり
スポーツも得意ではありません。



子供の内向的と外向的な性格は
親の内向的・外向的な性格とほぼ一致します。
つまり親が内向的で自分の事しか考えられない人は
周りの人を敵とみなし
他者のために何かを成すということをしません。

いつも自分にいいことは何かしか考えず
そのために役に立つ他者にはつながりを求めますが
そうでない人は付き合って何の得があるのか
という考えが先に立ちます。
このような人は当然他者からもそのような目で見られ
人とのつながりは仕事で強制的につながるくらいしか
つながりを持てません。


そしてそのような自分しか愛せない人が親になると
親の生き方の影響をまともに受ける子供は
やはり自分の周りの人との関係が
自分の役に立つかどうかだけで考える
とても偏見の強い子どもになります。
そして自分の役に立たない友達は
敵としてみなす傾向があり
それが攻撃的に出るといじめにつながったり
自虐的に出ると不登校や引きこもりにつながったりします。

他者を敵だと思う子どもは
学校にいても同級生と友だちになることは
とても難しいので
学校が楽しいと感じられません。
そうなるとますます他者を敵だと思う気持ちが
強くなり他者を遠ざけるようになります。
この状況の根っこは幼児時代の家庭に問題があります。


外向的な性格を持つ親は
仕事以外に何か人の役にたつ事を率先して
行っています。
それは自分の役にたつかどうかではなく
自分の行いが他者の役にたつかどうかを
考えています。
それは地域活動であってもいいし
ボランティア活動であってもいいのです。

本当に外向的な親はその行為がほめられる行為かどうか
という見返りなど持ちません。
自分がしたいかどうかで判断して
それを誰も見ていなくても
だれもほめてくれなくてもします。
路にゴミが落ちていたら誰も見ていない時に
拾ってごみ箱に捨てます。
それは自分が見て見ないふりができないからです。

その様な親に育てられた子どもは
やはり路にゴミが落ちていたら
誰も見ていなくても自然にゴミを拾う子どもになります。


親の生き方はそのまま鏡のように
子供に映し出されるのです。
それは親の言葉ではなく
親の生きる姿勢によって決まります。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | アドラー心理学

2019年07月23日

大学受験に必要なのは人生のビジョンとアクションプラン

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


夏休みになり学習のための時間は
大幅に増えているはずです。
夏休みは勉強量を増やす絶好のチャンスで
特に受験生は今までの学習時間の倍以上の時間を
確保して受験勉強に打ち込む必要があります。

しかし学校の補習やその他の用事があると言って
夏休みの学習量を増やすことを嫌う人がいます。
一体その生徒は本当に受験勉強をしたいのか
体裁上自分は受験生です。
と言いたいだけなのか不思議な生徒がいます。

なぜ勉強量や勉強時間を増やすことに抵抗があるのか
それはそもそも勉強をどのように自分の人生に役立てるのか
まったく考えずにただ世の中の流れで
受験勉強をして大学に行くことだけを考えている
生徒がいるということです。

このような生徒はいかに最短距離で
いかに楽をして受験結果をえられるかしか考えていません。
自分の人生のビジョンなどという
面倒くさいことなど最初から持っていないのです。

そしてこのような生徒は自己の意識レベルが低いので
勉強の質と自分の人生が結びついているとは
思っていません。
勉強はただ大学に行くための受験結果を得るため
だけのものだと思っています。

もっとも大学受験の前の
高校受験は自分の人生と勉強が
どう結びつくかなど関係なく
受験結果で高校進学が決まります。
受験勉強はただ高校に合格するためだけの勉強
という側面が強いので
大学受験も高校受験と同じ感覚で
勉強に臨むことになります。


しかし大学受験は
自分の人生の課題と正面切って
き合う必要があります。
なぜ勉強するのか
なぜその大学に行くのか
そして大学に行って何をするのか
その様な人生のビジョンを持って初めて
受験勉強がスタートします。

大学受験のためのビジョンが決まったら
そのビジョンを現実化する
アクションプランが必要です。
いつどのくらいの量と質でどのレベルまで
勉強するのかの到達点と現状を把握して
到達点と現状の差を埋める努力を数値化します。

例えば数学なら数学TAのチャート式の
全問題を2か月で仕上げるために
1日当たり何ページ進めるのか
そのプランを1週間単位で創っていき
そして進捗状況を測るために
センター過去問をどのタイミングで入れていくか
1か月に何回過去問演習をするか
また学校の模試の解き直しをどこでやるか
中間や期末テストの勉強と受験勉強を
どのようにやりくりするかなど
アクションプランは詳細な計画になります。

もちろん事前の計画がそのまま進む
ということはありません。
1週間単位で計画を見直し練り直すことも
必要です。


大学受験は
人生の課題と向き合うビジョン作成から
詳細なアクションプランまでをどのように
現実化するかの作業なのです。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験