2019年07月22日

なぜ学校の先生は高圧的な指導をするのか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。



最近の高校3年生の夏休みは
夏休みと言えないくらい忙しいです。
平日は夏休みに限らず学校の補習が朝からあり
それは半強制的に行われます。
また学校によっては半強制的な勉強合宿が
行われることろもあり
自分で勉強しようとする自立力のある受験生には
逆に迷惑な事でもあります。

そして学校の補習には出ずに
自分で勉強したいと言えば
担任や進路指導の先生から
「そんなことをしていては志望校に受からない」
と高圧的に参加を強要されることがあります。


なぜ学校の先生は言うことを聞かない生徒に
高圧的になるのかと言えば
それは学校という組織の中で
生徒が自分勝手に行動することに
組織のそのものが崩れることを嫌うからです。

それにも増して学校の先生は
先生と生徒は縦の関係であるべきだと言う
とんでもない間違った考えを持っているのです。
それで言うことを聞かない生徒は
支配するべき対象として強制的に組織の枠に
はめようとするのです。


教科指導で不思議に思うのは
教科の問題集を配布する時
解答解説書を渡さないで
その問題集で家庭学習の課題を出す時も
解答解説なしでやらせて提出させ
それで答え合わせをさせたりします。

解答解説を見ずに問題を解くことほど
効果のない勉強はありません。
生徒は問題を解いていて
わからない所になると立ち止まり
そこから一歩も先に進めなくなってしまうのです。
こんな効果のない宿題をなぜ出すのかというと
一つは生徒が解答解説を見て勝手に勉強を進める
自学をやらせないためです。
このような先生は生徒が勝手に
学校のカリキュラムを逸脱する勉強をしたら
学校の先生はいらないという恐怖心をどこかに
持っています。

もう一つは生徒の勉強を一方的に支配して
生徒を意のままにコントロールしたいのです。


そして進路指導では
模試や学校の成績で進路を決めてます。
もしも現状の成績でかなり高い志望校を
提示などすれば
「絶対に受からないから志望校を変えろ」
と強制的に志望校変更を強要されます。


このような学校の高圧的な先生の言うことを
盲目的に聞く必要はありません。
受験勉強は自分で志望校を決めて
その大学に行くための勉強を自分で計画を立てて
実行する権利があります。
もちろんそのためには自分で決めた進路に
自分で責任を持つことは当然です。


今の子供は自分の進路に明確な目標を持つ人が少ないです。
だから学校の言われるがままに勉強してさえいれば
学校で進路を決めてくれると
人生の指導権を相手に渡しています。

自分の人生に責任を持てない人は
高圧的に指導をしてくる先生に自分の進路の
責任を預けてただ先生の言うがままに
楽をしたいだけなのです。

今の学校の現状は
自分では何も決められない依存傾向の生徒と
その生徒を未熟な存在としてタテの関係で
支配しコントロールする教師の
依存と支配の封建的な関係が存在します。
学校がいつまでたっても閉鎖的な場所なのは
オープンで解放的な場では依存と支配の関係が
崩れてしまうからです。

しかしこれからの自分の人生を
自分で切り開いていく生徒は
学校の先生の意見を聞きながらも
自分で自分の進路を決めて
その決定に責任を持ち
自分の行動を自分で決めなければいけません。

大学受験とは自分の人生の課題と
正面切って向き合う作業なのです。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験

2019年07月21日

なぜ隣人を愛さなければいけないのかという心理

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


勉強の本当の目的は
この社会で「自分は役だっている」という
社会への貢献感を持つことです。
勉強を自分の欲のために使う人は
まず勉強自体が長続きせずに挫折をします。
それは自分のためにすることは
上手く行かなくなるとすぐに人のせいにして
自分の責任を放棄するからです。

勉強で挫折をしながらも最後まで努力をして
しっかり自分の目標を乗り越える人は
自分よりも仲間の利益のために勉強を使おうとする
「他者への貢献」のビジョンがしっかりしています。

「人生の意味の心理学」を著した
心理学者アルフレッド・アドラーは
人間の幸福感を得るのは
自分への関心を他者への関心に変える
「他者への貢献」だと言い
このことを「共同体感覚」と言いました。

勉強を他者への貢献のために使うことで
社会の中で居場所ができます。
自分の事しか考えられない人は
社会の中で居場所を見つける事がなかなかできません。
社会の中で居場所がないことはとても悲しいことです。

しかし泣き言を言っても誰も助けてはくれません。
そうではなく自分から居場所をつくることが必要です。
そのためには他者への貢献から始めることです。

そうすることで他者から感謝され他者から支援され
社会の中で居場所をつくることができるのです。
これはキリスト教の言う
「汝の隣人を愛せよ」と近い感覚です・


しかしそう言うと
「なぜ私が他者のために貢献しなければいけないのか」
「なぜ私が隣人を愛さなければいけないのか」
「隣人は私を愛してくれるのか」
と言ってくる人が必ずいます。

他者あるいはこの社会に何かをする時
あなたはその見返りやほめられることを
求めていませんか。
それは自分にしか関心がないことの現れです。

人は他者とかかわり
その他者との関係で傷つきます。
しかし人生を生きる幸福感もまた
他者との関係の中からしか見つける事ができません。

残念ながら多くの人が
他者との関係から悩み傷つき病んで
人生の居場所を見つける事ができません。
学校の生徒の不登校や引きこもり
社会人のうつ病や中高年の引きこもりなど
このような人の共通した特徴は
「周りの人は自分の事を分かってくれない」と
他者は何をしてくれるのかしか関心がないのです。


母親は子供を無条件で愛すると言います。
しかしそれは本当でしょうか
「私がこんなにしてあげているのに
何でこの子は分かってくれないのか」
と思っていませんか。
これは見返りを期待した
自分中心の考えです。

そうではなく見返りなどなくても一向にかまわない
私はこの子を無条件で愛します。
こう思った時今までの子供に対する行いは
見返りを期待しての行いだったと気づきます。


アドラーは言います。
「人生におけるあらゆる失敗は
自分の事しか考えていないことにある」

共同体感覚とはあなたから始めることです。
「誰かが始めなければならない」
他者が協力的でなくても関係ない。
あなたから始めるのだ」

つまり「隣人があなたを愛してくれなくても
あなたから愛しなさい」と言っています。

この一文を人生の途中からインドの道端で
実行に移した人がいます。
その人は道端で死にかけた子供を抱きしめた
マザーテレサです。

マザーテレサは自分から死にかけた子どもを抱きしめ
死ぬのが分かっていても愛を与え続けました。
そしてマザーテレサの手によって
多くの奇跡が起きることになります。


もし今自分が闇夜の真っただ中にいて
だれも自分のことなんてわかってくれない
と思っている人がいたら
暗闇を抜け出るために他者に頼るのではなく
自分から動く勇気を持ちましょう。
家族は何もしてくれないと思うのでなく
家族の前に行き
「いつもご飯をつくってくれてありがとう」
と言いましょう。
それが「他者への貢献」であり
「共同体感覚」の出発点になります。
苦しみは他者との摩擦によって起きますが
また幸福も他者との関係からしか生まれないのです。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | アドラー心理学

2019年07月20日

高校生の夏休み朝5時から勉強のススメ

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。

夏休みが始まります。
これから8月下旬まで
約1ヵ月ちょっとの間学校の授業のために
早く起きずに済む期間です。
(学校によっては休み中も補習等で登校させたり
夏合宿と称して宿泊勉強をする学校もあります)

しかし基本的には自由な時間を持てる期間が夏休みです。
すると時間管理のできない生徒は
夜中まで起きてろくでもない事を続け
午前中いっぱい寝ているという不規則で
最低な時間の使い方をする人がたくさんいます。

受験生でその様な時間の使い方をする人に
来年の大学入試で自分の行きたい本当の志望校に
合格できるわけがありません。

この夏時点で自分のセルフマネジメントができない人に
希望に満ちた来年の春が訪れることはないと
断言しておきます。



朝5時起き勉強法とは
夏休みの勉強で最も効果の高い勉強法です。
朝は1日の内で一番脳の活動が活発になる時間です。
前日に勉強した内容を睡眠中に整理した脳で
勉強が始められれば
前日の勉強の復習が30分ほどで出来て
その上計算問題も英単語記憶も
一番クリアーな状態で勉強が出来るので
朝5時からの2時間は
夜4時間勉強する以上の効果があります。


まず目覚ましを4:50にセットして
目覚ましが鳴ったらサッと起きてください。
グズグズして寝床から出られない状態では
もう1日がだらしなくなります。

机の上には夜のうちに
朝一番で勉強する内容をセットしておいて
起きたら冷たい水やスポーツドリンクを飲み
すぐに勉強モードに入ってください。

そのまま2時間勉強すれば
1日勉強の1/3は終わったようなものです。
朝食後学校がなければ3時間勉強
午後少し昼寝をした後
また3時間勉強
これで8時間勉強が終わります。

受験生は夜に2時間勉強をすれば
1日10時間勉強が出来て
かなりの効果的な受験勉強が出来ます。
そして夜は11:00には寝てください。
6時間睡眠は必須です。

このような勉強スケジュールが組めるのは
朝5時起き2時間勉強があるからです。
この夏を有意義に過ごすためにも
朝5時起きを習慣にしてください。


朝に勝負ができない受験生は
どんな勉強をしても結局自分に負ける
結果しか手に出来ないと心得てください。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習の時間管理