2019年07月19日

引きこもりの目的は周りを支配する王になること

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


近年中高年の引きこもりの問題が
大きくクローズアップされています。
神奈川で通学児童を襲った中高年も
長年引きこもり状態にあり
保護者が自治体に相談をしていたと言います。

中高年の引きこもりの場合多くは
仕事が上手く行かない
リストラされて次の仕事が見つからない
などがきっかけで引きこもりになるケースが多いですが
中には中学高校時代に不登校になり
そのまま引きこもりになるケースもあります。

子供の引きこもりは
学校での人間関係や勉強が出来ないなどが
大きな原因とされていますが
子供が不登校になり
学校に行けない子供の親を見ると
特に母親が子供の顔色を伺い
家庭で子供が我が物顔で好き勝手振る舞う
そんな光景を目にします。


アドラー心理学は
子供が不登校になり引きこもる
あるいは中高年が社会から引きこもる
その原因を探るのではなく
引きこもりになる目的を探します。
(これを目的論と言います)


目的論から子供や中高年の引きこもりの
目的を考えると
子供であろうと中高年であろうと
同じ目的で引きこもることが分ります。

それは本人さえ気づいていない
引きこもることで社会と断絶する恐れよりも
もっと恐れていることから逃れたいからです。
それは「自分には価値がない」ということが
明らかになることの恐れからの逃避に
事ならないのです。


人間の本当の恐怖は自分が生きていることに
価値がないという「無価値観」を
暴かれて認めざるを得ないことです。
「無価値観」を否定される恐怖は
何にもまして「人間としての生」を
否定されることになります。

この無価値観を直接攻撃してくる相手は
敵として反撃する理由付けになります。
子供の友だち同士のけんかが殺人にエスカレートする
事件の根本にはそのような理由があります。


子供の不登校の場合
学校に行こうとすると腹痛が起きます。
すると「腹痛だから学校に行けない」という
口実ができて
本当に解決しなければいいけない問題
自分には価値がないという事実から
逃れることができます。

このような子供は解決しなければいけない課題を
クリアできない自分を見るのが怖くて
腹痛や病気になります。
人間は達成しなければいけない課題から
逃げ出すためなら腹痛にでも病気にでもなんでもなります。
そして「〜だから出来なくても仕方ない」と
どこかで安堵する自分がいるのです。


自分には価値がないとうすうす感じている人は
家に引きこもりわがままがきく
親に当たり散らすようになります。
何でもいうことを聞いてくれると言うのは
召使いか奴隷のようなものです。
つまり世間では自分は何の価値のない
つまらない人間の化けの皮がはがれるの恐れ
家に引きこもり家では王として君臨するのです。


このような状況を改善するのは
容易いことではありません。
自分には価値があると分るためには
価値に値する能力を身に付ける必要がります。
それにはひたすら努力が要りますが
家に引きこもる人はその努力を嫌がるものです。

しかし人には誰でも何らかの才能が秘められています。
それを見つけその才能を「自分にはこんなことができる」
という価値に磨き上げることで
社会に出る勇気を持たせるのです。

そのためには本人にも家族にも支援者にも
勇気と根気と希望と優しさが必要です。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明


夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | アドラー心理学

2019年07月18日

人生の結末はその人の世界観で決まる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


高校受験でも大学受験でも
その先の進路決定でも
または自分の仕事に最高の結果を出すのも
仕事に生きがいを見つけられないのも
その選択はその人の世界観で決まります。


世界観とはその人が自分の意味付けで見ている
世界のことです。
つまり人は客観的な世界の中で生きているのではなく
自分がつくった主観的な世界の中で生きています。
世界とは自分の周りの社会でもいいし
自分が所属している集団でもいいです。


この世界は楽園だと言う世界観で生きてる人にとって
自分の周りで起こることすべてが
楽園の出来事になります。

この世界は苦痛だと言う世界観で生きている人にとって
自分の周りで起こることすべてが
苦痛の連続になります。


人生の生きる意味を説いた心理学者
アルフレッド・アドラーは
「トラがドアの前に立っていると
私が信じているのと
実際にドアの前にいるのと
何の違いがあろうか」と言います。

家の前にトラがいると信じる人にとっては
実際にトラはいなくても
トラがいるのと変わりありません。
人と向き合う時
事実はこうだといくら説得しても
まったく「らちがあかない」場合があります。
人と向き合う時はたとえ親子であっても
その人が思い込む事実とも向き合う必要があります。

人生を上手く生きていると思える人と
そうでない人の違いは
自分の持つ世界観の意味づけが
社会一般に受け入れられるか
そうでないかの違いの差なのです。


世界観の意味づけは小さい時からの
育てられ方に多くの原因がありますが
それも「学びと気づき」によって
世界観の意味づけを変えることはできます。

小さい時に親と別れ
親の愛情を受けることなく育てられたとしても
それを貧困の理由として
一生親を恨み続けて生きることもできれば
自分の様な子供を助けようと
慈善団体やNPOを立ち上げる活動に
一生を捧げる生き方もできます。

例えどんな境遇でも
その逆境を乗り越える意味付けをする
世界観を持つことはそう難しい事ではありません。
世界には更に過酷な境遇や
強制的な圧迫を受けながらも
自分の人生の意味を追求した人が
山のようにいます。


アドラーが若者によく話した
たとえ話があります。
「2匹のカエルがミルクの中に落ちました。
1匹はもうだめだとなげき
おぼれ死ぬことを覚悟しました。
もう1匹は諦めずに何度も脚をばたつかせました。
すると脚が硬い地面を捉えました。
何が起きたか?
ミルクがバターに変わったのです」

絶望的に思える状況だとしても
未来を嘆いているだけでは
何も変わりません。
上手く行くか分からないけど
今やれることを精一杯やることです。
奇跡はその準備をした人にしか起きません。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


この文章は和田秀樹著
「アドラー100の言葉」
を参考にしました。



最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | アドラー心理学

2019年07月17日

高1生はまず学校の成績をあげよう

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


夏休みに向けて高校1年生から大学受験に向けて
どう勉強するかと言えば
まずは学校の定期テストで
英語と数学は学校トップクラスを
目指してください。
そして理系なら理科
文系なら社会も
同じく学年トップクラスになることです。

この教科は大学受験になくてはならない教科で
本来は学校の勉強とは別に受験のための
勉強時間をつくらなくてはいけません。
しかし高1生は受験本番まで時間があります。

受験勉強は勉強をした内容がすぐに結果に
現われない傾向があります。
受験勉強と模試の結果はなかなか一致しないのが
通常のパターンです。
しかし学校の定期テストは
試験範囲も狭く出題の傾向も分かっていて
非常に勉強しやすいテストです。

定期テストですぐに結果が出せない勉強をしていては
受験勉強では更に結果を求めることが難しくなります。
ですから高1のうちに結果と直結する定期テストで
結果を出す勉強法をマスターすることが重要です。

1学期の定期テストで勉強した割に結果が出ない人は
明らかに勉強法が間違っています。
今後そのままの勉強法で勉強しても
2学期も3学期もテストで結果を出すことはできません。
そしてそれは受験勉強になるともっと悲惨な結果になります。

学校の勉強で結果を出せない勉強は時間の無駄であり
大学受験で失敗をする勉強です。
高1生はまず学校の勉強で結果を出す勉強法を
自分で見つけて2学期のテストで試してください。
そうすると学校のテストが自分の勉強法を試す
絶好の機会になります。
そしてそれは日常の勉強にも影響して
学校の授業をどのようにしたら結果を出せるか
毎日刺激のある生活に変わります。

勉強法とは人やっている勉強法が自分に合うか
それはやってみないと分らないものです。
様々な勉強の仕方を試して自分に合う勉強を
見つけるのはなかなか難しいことです。

学校の定期テストは自分の勉強法を見つける
一番身近にあるテストです。
テスト範囲が狭く使われるテキストも決まっていて
それで結果がすぐにわかる
とても効率的なテストです。

学校の定期テストを成績を見るためのテストではなく
自分の勉強法を確立するために試行錯誤をする
テストにしてください。
そして学校の定期テストで結果を出してください。
それが君の受験勉強の勉強法を確立する
最も簡単な方法です。

まずは2学期の中間テストに向けて
夏休みに1学期の総復習をしてください。



サクセスは高校生のための
国公立大学を目指す学習塾として
今偏差値40からでもあと半年で
偏差値55前後の国立大学に合格する
勉強法を指導します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験