2019年07月17日

高1生はまず学校の成績をあげよう

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


夏休みに向けて高校1年生から大学受験に向けて
どう勉強するかと言えば
まずは学校の定期テストで
英語と数学は学校トップクラスを
目指してください。
そして理系なら理科
文系なら社会も
同じく学年トップクラスになることです。

この教科は大学受験になくてはならない教科で
本来は学校の勉強とは別に受験のための
勉強時間をつくらなくてはいけません。
しかし高1生は受験本番まで時間があります。

受験勉強は勉強をした内容がすぐに結果に
現われない傾向があります。
受験勉強と模試の結果はなかなか一致しないのが
通常のパターンです。
しかし学校の定期テストは
試験範囲も狭く出題の傾向も分かっていて
非常に勉強しやすいテストです。

定期テストですぐに結果が出せない勉強をしていては
受験勉強では更に結果を求めることが難しくなります。
ですから高1のうちに結果と直結する定期テストで
結果を出す勉強法をマスターすることが重要です。

1学期の定期テストで勉強した割に結果が出ない人は
明らかに勉強法が間違っています。
今後そのままの勉強法で勉強しても
2学期も3学期もテストで結果を出すことはできません。
そしてそれは受験勉強になるともっと悲惨な結果になります。

学校の勉強で結果を出せない勉強は時間の無駄であり
大学受験で失敗をする勉強です。
高1生はまず学校の勉強で結果を出す勉強法を
自分で見つけて2学期のテストで試してください。
そうすると学校のテストが自分の勉強法を試す
絶好の機会になります。
そしてそれは日常の勉強にも影響して
学校の授業をどのようにしたら結果を出せるか
毎日刺激のある生活に変わります。

勉強法とは人やっている勉強法が自分に合うか
それはやってみないと分らないものです。
様々な勉強の仕方を試して自分に合う勉強を
見つけるのはなかなか難しいことです。

学校の定期テストは自分の勉強法を見つける
一番身近にあるテストです。
テスト範囲が狭く使われるテキストも決まっていて
それで結果がすぐにわかる
とても効率的なテストです。

学校の定期テストを成績を見るためのテストではなく
自分の勉強法を確立するために試行錯誤をする
テストにしてください。
そして学校の定期テストで結果を出してください。
それが君の受験勉強の勉強法を確立する
最も簡単な方法です。

まずは2学期の中間テストに向けて
夏休みに1学期の総復習をしてください。



サクセスは高校生のための
国公立大学を目指す学習塾として
今偏差値40からでもあと半年で
偏差値55前後の国立大学に合格する
勉強法を指導します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験