2019年07月22日

なぜ学校の先生は高圧的な指導をするのか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。



最近の高校3年生の夏休みは
夏休みと言えないくらい忙しいです。
平日は夏休みに限らず学校の補習が朝からあり
それは半強制的に行われます。
また学校によっては半強制的な勉強合宿が
行われることろもあり
自分で勉強しようとする自立力のある受験生には
逆に迷惑な事でもあります。

そして学校の補習には出ずに
自分で勉強したいと言えば
担任や進路指導の先生から
「そんなことをしていては志望校に受からない」
と高圧的に参加を強要されることがあります。


なぜ学校の先生は言うことを聞かない生徒に
高圧的になるのかと言えば
それは学校という組織の中で
生徒が自分勝手に行動することに
組織のそのものが崩れることを嫌うからです。

それにも増して学校の先生は
先生と生徒は縦の関係であるべきだと言う
とんでもない間違った考えを持っているのです。
それで言うことを聞かない生徒は
支配するべき対象として強制的に組織の枠に
はめようとするのです。


教科指導で不思議に思うのは
教科の問題集を配布する時
解答解説書を渡さないで
その問題集で家庭学習の課題を出す時も
解答解説なしでやらせて提出させ
それで答え合わせをさせたりします。

解答解説を見ずに問題を解くことほど
効果のない勉強はありません。
生徒は問題を解いていて
わからない所になると立ち止まり
そこから一歩も先に進めなくなってしまうのです。
こんな効果のない宿題をなぜ出すのかというと
一つは生徒が解答解説を見て勝手に勉強を進める
自学をやらせないためです。
このような先生は生徒が勝手に
学校のカリキュラムを逸脱する勉強をしたら
学校の先生はいらないという恐怖心をどこかに
持っています。

もう一つは生徒の勉強を一方的に支配して
生徒を意のままにコントロールしたいのです。


そして進路指導では
模試や学校の成績で進路を決めてます。
もしも現状の成績でかなり高い志望校を
提示などすれば
「絶対に受からないから志望校を変えろ」
と強制的に志望校変更を強要されます。


このような学校の高圧的な先生の言うことを
盲目的に聞く必要はありません。
受験勉強は自分で志望校を決めて
その大学に行くための勉強を自分で計画を立てて
実行する権利があります。
もちろんそのためには自分で決めた進路に
自分で責任を持つことは当然です。


今の子供は自分の進路に明確な目標を持つ人が少ないです。
だから学校の言われるがままに勉強してさえいれば
学校で進路を決めてくれると
人生の指導権を相手に渡しています。

自分の人生に責任を持てない人は
高圧的に指導をしてくる先生に自分の進路の
責任を預けてただ先生の言うがままに
楽をしたいだけなのです。

今の学校の現状は
自分では何も決められない依存傾向の生徒と
その生徒を未熟な存在としてタテの関係で
支配しコントロールする教師の
依存と支配の封建的な関係が存在します。
学校がいつまでたっても閉鎖的な場所なのは
オープンで解放的な場では依存と支配の関係が
崩れてしまうからです。

しかしこれからの自分の人生を
自分で切り開いていく生徒は
学校の先生の意見を聞きながらも
自分で自分の進路を決めて
その決定に責任を持ち
自分の行動を自分で決めなければいけません。

大学受験とは自分の人生の課題と
正面切って向き合う作業なのです。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験