2019年07月23日

大学受験に必要なのは人生のビジョンとアクションプラン

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


夏休みになり学習のための時間は
大幅に増えているはずです。
夏休みは勉強量を増やす絶好のチャンスで
特に受験生は今までの学習時間の倍以上の時間を
確保して受験勉強に打ち込む必要があります。

しかし学校の補習やその他の用事があると言って
夏休みの学習量を増やすことを嫌う人がいます。
一体その生徒は本当に受験勉強をしたいのか
体裁上自分は受験生です。
と言いたいだけなのか不思議な生徒がいます。

なぜ勉強量や勉強時間を増やすことに抵抗があるのか
それはそもそも勉強をどのように自分の人生に役立てるのか
まったく考えずにただ世の中の流れで
受験勉強をして大学に行くことだけを考えている
生徒がいるということです。

このような生徒はいかに最短距離で
いかに楽をして受験結果をえられるかしか考えていません。
自分の人生のビジョンなどという
面倒くさいことなど最初から持っていないのです。

そしてこのような生徒は自己の意識レベルが低いので
勉強の質と自分の人生が結びついているとは
思っていません。
勉強はただ大学に行くための受験結果を得るため
だけのものだと思っています。

もっとも大学受験の前の
高校受験は自分の人生と勉強が
どう結びつくかなど関係なく
受験結果で高校進学が決まります。
受験勉強はただ高校に合格するためだけの勉強
という側面が強いので
大学受験も高校受験と同じ感覚で
勉強に臨むことになります。


しかし大学受験は
自分の人生の課題と正面切って
き合う必要があります。
なぜ勉強するのか
なぜその大学に行くのか
そして大学に行って何をするのか
その様な人生のビジョンを持って初めて
受験勉強がスタートします。

大学受験のためのビジョンが決まったら
そのビジョンを現実化する
アクションプランが必要です。
いつどのくらいの量と質でどのレベルまで
勉強するのかの到達点と現状を把握して
到達点と現状の差を埋める努力を数値化します。

例えば数学なら数学TAのチャート式の
全問題を2か月で仕上げるために
1日当たり何ページ進めるのか
そのプランを1週間単位で創っていき
そして進捗状況を測るために
センター過去問をどのタイミングで入れていくか
1か月に何回過去問演習をするか
また学校の模試の解き直しをどこでやるか
中間や期末テストの勉強と受験勉強を
どのようにやりくりするかなど
アクションプランは詳細な計画になります。

もちろん事前の計画がそのまま進む
ということはありません。
1週間単位で計画を見直し練り直すことも
必要です。


大学受験は
人生の課題と向き合うビジョン作成から
詳細なアクションプランまでをどのように
現実化するかの作業なのです。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験