2019年07月27日

多彩な英語力が要求される英語共通テスト

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。



現高校2年生の大学受験から行われる
「大学入学共通テスト」の英語は
センター試験のアクセントや文法事項や
空欄補充の問題が一切なくなり
最初から最後まで英語の文章問題や
英語の資料問題を読み込む力が試される
これまで以上に英文読解力が必要な試験になります。

センター試験では長文読解問題の配点が
5〜6点と異常に高く
長文読解力が得意な生徒に
有利な配点になっていました。

しかし英語共通テストは全編英文と英語資料問題で
配点もすべて2〜3点になり1つの設問で
大きく差がつくことはなくなりましたが
しっかりとした英語力がないと得点できない
本物の英語力を見るテストになっています。


筆記問題の内容も多彩な資料問題から会話問題まであり
日常的に英語で物語りを読める能力や
少し固めな論説文が読める力まで
総合的な英語力が必要になります。

英語レベルで見ると
大問1〜大問3は英検3級〜準2級レベルの
問題で比較的点数が取りやすい設問です。
大問4〜大問6は資料読解も含めて
英検2級以上のレベルがないと歯が立たない問題です。
特に大問6は800字〜1000字ものボリュームの
英文を読んで英文の設問に答える問題で
英語速読力が要求される問題です。


英語試験は外部試験の導入が検討されていますが
一番なじみのある英検では最低でも2級は
高2の終わりから高3の初めまでには
取っておく必要があります。
その上で高2の終わりまでに英検2級を
取った人にはぜひ
高3の6月に準1級に挑戦して合格する力を
身に付けておいてください。

英語速読力は英検準1級の問題をやり込むことで
自然に身に付く能力です。
夏休みや冬休みに英検準1級の過去問に
挑戦するくらいの力を身に付けてください。



また同時にリスニング試験は
センター試験の満点50点から満点100点になり
リスニング能力も筆記試験と同じくらい重要になります。

リスニング試験も英検のリスニングや
センター試験のリスニング問題を
解答を見ながら何度も聴く練習が必要です。
しかしリスニングの本格的練習は
英語筆記試験やまた数学や他教科の仕上がり具合で
秋以降に集中して練習してもいいでしょう。


大きく変わる大学入学共通テストの中で
英語は本物の英語読解力が要求される
試験になります。
この夏に英単語や短文解釈力を
しっかりつける練習をしてください。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験改革