2019年08月31日

普通の進学校から難関大に合格する方法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


群馬県の伝統のある進学校として
前橋高校・前橋女子高校
高崎高校・高崎女子高校
があります。
この4校(トップ4と言います)の
国公立大学合格者は毎年
東大10名前後・医学部10名前後を含めて
在籍生徒の半数〜6割という
他の普通進学校とはやはりレベルが違う
実績を出します。

では普通進学校から難関大を目指すために
必要なスキルや能力は何かというと
ビジネスの世界の能力で言う
「リーダーシップ」が必要です。

一言で言うとリーダーとは
不可能を可能にする考え方や行動力があり
例え一人になっても自分のビジョンを現実にする
勇気があります。
これは前回の「順応の法則」あるいは
「95%の法則」とは明らかに違った考え方を持っています。


それではビジネスにおけるリーダーに共通する
価値観は何かを示しますので
これをもとに普通進学校から難関大に合格する
意識改革を考えてください。


1 決意・信念
「リーダーは100人中99人に反対されても挑戦をする」
スターバックスの創業者ハワード・シュルツは
日本への事業展開をマーケティングのプロ全員から
「100%失敗するからやめろ」と言われました。
しかし自分の事業の価値に自信のあったシュルツは
日本進出を決断し20年で1000を超える店を出す
大成功モデルになりました。
リーダーは困難に立ち向かう強い気持ちを持ちます。
人々が恐ろしくて目を背けるような状況でも
成功が不確実でも
過去の実績が役にも立たなくても
実行し成果を出すのです。


2 貢献感
リーダーは私利私欲ではなく
「人の役に立ちたいという願いの元に動く」
先のスターバックスのハワード・シュルツは
日本進出の理由を自分の会社の利益ではなく
アメリカで確立した新しいコーヒー文化を
日本の人々に届けたいという一心で行いました。
もしも私利私欲から事業をしていたら
マーケティングのプロ全員の反対を押し切って
成功の希望さえない日本進出などしなかったでしょう。


次の言葉は世界的メンタルトレーナー
アンソニーロビンズの言葉です。
「力(パワー)は世の中に貢献したいという
思いの強さに比例して与えられる」

あなたがやる気に燃えている時
そしてその情熱が「利己的な動機」ではなく
より大きな善や人類に貢献する
何かを創造したいという思いから来ている時
人生は驚異的な自然の力を総動員して
あなたに魔法を引き起こします。
その魔法によって「人」や「チャンス」や
「あなたが本来歩むべき道」などが送り込まれ
あなたをアシストします。

その魔法は「私たちが事前に計画し得る
レベルをはるかに超えた
驚くほどの絶妙なタイミングでやって来る」のです。
まさに必然というタイミングでやってきます。


あなたはなぜ大学に行くのですか
自己の欲のためですか
良い就職のためですか
そうではなく自分の勉強が
利己的な目的ではなく他者に仕えることに
集中し始めた時から文字通り
「すべてが好転」します。

これは伝統の進学校にいるいないを
はるかに超えた
レベルを身に付けることなのです。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


この文章はピーターセージ著
「自分を超える法」を参考にしました。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 能力開発

2019年08月30日

自分の生き方の価値観がわかるワーク

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。


人間は自分の中に持っている価値観通りの
生き方をします。
価値観とは自分にとっての重要度のリストです。
あらゆるものを自分にとって重要度が高いものから
低いものまでを並べたものです。
私たちはそれを自分の中に「体系」として
持っています。
私たちはこの「価値体系のフィルター」を通して
人生を眺め理解し行動をしています。

例えば価値観の上位に部活を位置付けている人は
部活をあまり重視していない人に比べ
より運動に意識を向ける生活をします。
部活で活躍する人は朝起きた時から身体を動かし
学校の授業中も午後の部活のことを考え
練習中は誰よりも上手くなろうと練習し
家に帰っても素振りをしたり
ランニングをしたりする人もいます。
このような人は部活で優れた成績を残し
進学も部活を続けることを中心に選択します。

例えば価値観の上位に勉強を位置付けている人は
勉強をあまり重視していない人に比べ
より勉強に意識を向ける生活をします。
勉強でいい成績を取る人は
自分の得意な分野の大学に行くことを目標に
休みの日は1日10時間くらいは勉強したり
学校の定期テストをどうしたら高得点が取れるかを
1日中考えています。
大学受験で難関大や医学部に合格する人は
自分の価値観のトップに勉強が必ずあります。


さてここで質問です。
あなたの価値観は何ですか。
自分がどんな価値観を持っているか
知っていますか。
紙とペンを用意して
「自分が人生でとても大事にしているものは何か」
しつこくしつこく自分に問いかけてください。

部活ですか
勉強ですか
友達ですか
家族ですか
マンガですか
ゲームですか
自由ですか

片っ端からリストアップして
じっくりと時間をかけて書き出しましょう。
次に「そのリストで一番大切なものは何か」
番号を付けてください。

これであなたの「価値体系」の優先順位ができます。
おそらくだれでも自分の「価値体系」に沿って
生きていることに驚くでしょう。


実はこの「価値体系」は
自分のもでないことがほとんどなのです。
これを「順応の法則」あるいは「95%の法則」
と言います。
「人は自分の行動を95%の確率で普段共に過ごす
人の考えに順応させようとする」というものです。

スポーツのレベルの高い学校には
優秀な選手がそろい
それがお互いを刺激してさらにレベルの高い
運動スキルを身に付ける。
あるいは伝統のある進学校には
偏差値の高い生徒が集まり
普段できないような難問にも積極的に関わり
自然と難関大学を目指すようになる。
「朱に交われば赤くなる」という法則です。


ではこのようなレベルの組織に入れない人は
自分の勉強のスキルを伸ばせないかというと
勉強に関しては自分の意識次第で
トップレベルの高校の生徒と同じスキルを身に
付けることができます。

それがリーダーシップの法則というものですが
それは次回に紹介します。



サクセスは国公立大学合格を目指す
志望大学別個別指導学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


この文章はピーターセージ著
「自分を超える法」を参考にしました。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 可能性を伸ばす

2019年08月29日

キミはまだ自分の本当の才能を知らない

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる高校生と
その親に向けて書いています。



ミツバチのすごい才能の話です。
【もしミツバチに「君たちは何のために
生きているのですか」と尋ねたら
きっとミツバチはこう答えるだろう
‶ミツをつくることが仕事です。
せっせとミツをつくるの
なぜなら私たちはミツバチだから”
というでしょう。

しかしこの答えは必ずしも正しくありません。
ハチミツをつくる事よりも生態系や自然の維持に
はるかに重要な役割があるのです。
その役割とは花の花粉を運び受粉の手伝いを
することです。
それにより花は咲くことができ
生命が循環することができます。

仮にミツバチのその営みを取り去ってしまったら
すべての生態系が崩壊してしまうほど
最も根本的でかつ絶対不可欠な役割を担っているのです】

当のミツバチはおそらくこのことを知らないでしょう。
もし今全世界のミツバチが「自意識」に目覚め
こう言い始めたらどうでしょう。
‶ねえ私生きる意味を知りたくなってきたの
仕事なんて放って山で瞑想するわ。
生きる意味の答えが見つかるまで
山頂のバラの茂みにしばらく引きこもるの。
使命が見つかれば充実感と情熱に満たされて
また仕事に戻ることができるから
しばらく仕事はお休みします”

全世界のミツバチが突如そんなことを言い出したら
花は咲かなくなり生態系の循環は停止します。
当のミツバチは気付いていないでしょうが
「毎日の生活を精一杯こなすこと」で
彼らの「真の使命」が全うされているのです。


この話を高校生の皆さんに当てはめると
「あなたが日々無意識に自然体に
出来ていることの中には
実は世界に大きく貢献していることがある」
ということです。

自分の今に不平を持ち
自分はなんてつまらない人間なんだと
自己否定をしてしまうと
その執着があなたの才能にフタをしてしまい
それがこの世界に表現されなくなる
可能性があります。


あなたには無意識レベルの深い部分に
他の人にはない偉大な才能が眠っています。
それは見つけるものではなく
感じ取るものです。

自分が感動できることに敏感になり
人生に身を委ねてとにかく行動すること。
そして
「ただ毎日精一杯最高に自分らしく存在すること」
です。

私たちの毎日は享楽を追い求めたり
ストレスまみれでいることに甘んじたり
あるいは人生のサバイバルゲームで手一杯になります。
高校生は学校生活に追われることで
実は「学校という過保護な仕組み」に
どんどん自分を依存させてしまいます。

人間はみな「生まれながらに個性的」で
素晴らしい才能を持って生まれているのに
学校という依存生活を長く続けていると
ストレスを感じ始め
「天性の才能」はずっと隠されたままで
その素晴らしい個性的な才能を
発揮することで得られる喜びの感覚も
永遠に封印されたままになるのです。


「ただ毎日精一杯最高に自分らしく存在すること」
とは何かというと
「今やりたいことは何だろう」
という単純な問いでいいので
まず自分に投げかけてみることです。

そして「自分の可能性に自然と心を
開いたままでいること」です。
自分の心に聞こえてくるメッセージに
柔軟でいてください。


無限の知性あるいは才能が
あなたに常にささやいています。
あなたの才能が何であるか
それは自然に分かる時が来ます。
その時まで心をオープンにして
ただ毎日精一杯最高に自分らしく存在してください。



サクセスは国公立大学合格を目指す
志望大学別個別指導学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生はセンター試験全教科を指導します。
高校2年生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


この文章はピーターセージ著
「自分を超える法」を参考にしました。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 生き方を学ぶ