2020年12月05日

英語長文を高速で読む視野拡張法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



人間の視野には中心視野と周辺視野の
2種類の視野があります。
中心視野とは普段文字を読む時に
視野の中心3〜4文字を読んでいく
普段使いの視野です。

一方周辺視野とは中心視野の周りで
ぼんやり見える全体の視野のことです。
私たちは中心視野で文字を読んでいる時も
その周りのぼんやりした周辺視野でも
文字を読んでいるのですが
それを意識しないでいるので周辺視野を
使った読書が出来ないのです。

速読を得意とする人は多くの場合
周辺視野を使った読書をしています。
周辺視野を使えるようになると
読書スピードを上げることはもちろん
英単語を覚える時など同時にページ全部の
英単語を覚えられたり
数学の計算式を覚える時も
問題と解答に至る計算式を同時に
覚えられたりと高速読書と高速記憶が出来て
高速学習が出来る革命的な学習能力が身に付く
学習のレベルがありえないほどアップします。


周辺視野を使った学習に必要なスキルは
「リラックス」と「集中」です。
緊張して勉強をすると文字を見る視野角が
狭まります。
視野角が狭まるとは一度に見る文字の数が
極端に少なくなる現象です。
緊張が強くなると眼に入る光が少なくなります。
それは緊張で瞳孔の大きさが小さくなり
光が瞳の中に入らなくなるからです。

リラックスすると瞳孔は開き光が瞳の中に
沢山入るようになります。
すると周辺視野も広まり中心視野角も
大きく広がるので一度に見える文字数が
倍以上に多くなります。

集中は緊張とは違います。
緊張すると身体に力が入り身体が硬くなり
瞳の動きも鈍くなります。
集中とは周りの雑念から自分の意識を
一つのことに向かわせる意識の統一です。
文字を読む時にも周りの音や温度や心の不安や
身体の調子など集中を邪魔するものがあります。

自分の意識を「文字を読む」という一点に絞り
それだけに気持ちを向けると周りの雑踏が
静寂に包まれるという経験をすると思います。
その状態が集中した状態です。


この「リラックス」と「集中」に心を合わせるには
「呼吸法」をマスターします。
周辺視野を使った読書や問題を解くときに
すぐに呼吸を整えるような「深呼吸」をします。
目を閉じて「無」の状態になり
心を落ち着かせて3〜5回深呼吸をします。
5秒で息を吸って5秒息を止めて10秒で息を吐く
これを3回〜5回繰り返して気持ちを落ち着かせて
深い「リラックス」と「集中」状態に入ります。

深呼吸を習慣化するには練習が必要です。
1日朝と夜または勉強を始める時には
必ず深呼吸をする習慣をつける練習をしてください。
慣れてくると1〜2回の深呼吸で
深い「リラックス」と「集中」に入れます。
そしてその状態でテキストの1ページを見ると
周辺視野がはっきりと見える状態が分かります。

視野を広げる練習には3か月くらいはかかります。
諦めずに根気よく繰り返して練習をしてください。




サクセスでは高2生の大学受験相談を無料で行っています。
目標大学にどうすれば合格できるか
その学習計画はどう作ればいいのか等の
進路相談会です。
お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

サクセスの学習は一人ひとりの目標を実現するための
学習スケジュール作成とそれを実行する
学習指導とスケジュール管理を
個別に指導する学習塾です。

サクセスの勉強は
深い読解力を身につける勉強を通じて
受験勉強に生かすことはもちろん
AI社会を生き抜く力を身につける
才能教育を目指します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明



夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 速読