2020年12月13日

受験勉強の学校時間活用法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来をつくる中高生と
その親に向けて書いています。



受験勉強を始めると時間をつくるのが
どうしても夜になってしまい
学校の授業や部活で結構なエネルギーを使い
家に着いた頃はへとへとになって
夜の受験勉強や塾での勉強に集中できない。
という高校生も大勢います。

そもそも昼間は学校の勉強がある
という前提で受験勉強を考えると
昼間の時間の使い方と夜の勉強とは
まったく別なものと捉えていることになります。

1日は24時間であり寝る時間や食事時間や休憩時間を
12時間とすると昼間の学校の時間が
9時から5時くらいまで(部活があれば7時ころまで)
あるので10時間は学校の時間になります。
すると受験勉強に使える時間はたった2時間しかなく
ほとんど受験勉強が出来ないということになります。

その様な人には9時から5時までの学校にいる時間を
いかに受験勉強時間に合理的に使えるかを考えてください。
まず学校時間中にかたずける勉強は学校の課題です。
進学校になると学校からこれでもかというくらいの
課題が山のように出される学校があります。

なぜ進学校では山のような課題が出されるのか
と言えば一つは遊ばないように課題で生徒の家庭時間を
縛る目的があります。
もう一つは本当に受験勉強で難関大に合格できる人は
学校の課題くらいの量は学校時間のうちに易々とかたずけて
家庭時間は自分の受験勉強ができるくらいの時間管理が出来る
時間管理のプロになれないと難関大に合格してもその先の
大学の研究や仕事についていけないからです。

学校の課題や受験勉強を学校時間のうちに片づけるには
集中力と割り切りが必要です。
集中力は学校の授業を何となく受け身で受けている人が
あまりにも多く結局その補習を塾や予備校で補わないと
授業にもついてけないという悪循環になります。
学校の授業は授業だけで完成させるくらいの
集中力があれば受験勉強にかける時間も
今までの半分で2倍の効果が発揮されます。

学校の授業をしっかり聞くということが出来れば
あとは自分の受験勉強に役に立たない授業を
バッサリ切り捨てることもできます。
これは学校では推奨されませんが授業を受ける
ポーズだけ取って内職に当てることもできます。

学校時間を有効に使う習慣が出来れば
休み時間や放課後は自習室や図書室で
黙々と学校の課題を行い
家での数時間を受験勉強に当てただけでも
受験には大きな成果ができます。

自分の日常の学校時間を一度振り返ってみましょう。
如何に無駄な時間を過ごしているか
また如何に授業を受け身で受けているかが
身にしみてわかるはずです。

そうしたら学校時間内で何ができるか
どのくらいの時間が浮くかを書き出し
その時間を使って学校の課題をかたずける
勉強の始めてください。




サクセスでは高2生の大学受験相談を無料で行っています。
目標大学にどうすれば合格できるか
その学習計画はどう作ればいいのか等の
進路相談会です。
お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

サクセスの学習は一人ひとりの目標を実現するための
学習スケジュール作成とそれを実行する
学習指導とスケジュール管理を
個別に指導する学習塾です。

サクセスの勉強は
深い読解力を身につける勉強を通じて
受験勉強に生かすことはもちろん
AI社会を生き抜く力を身につける
才能教育を目指します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強法