2020年12月19日

高校受験冬期講習に高額費用を払う無駄

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


学習塾や予備校では冬休みの講習の募集が
盛んに行われています。
受験直前期の中3生などは最後の追い込みで
追加講座を含めると何十万円もする高額な
冬期講習に申し込みをする人もいます。
しかしその効果には疑問点もあり申し込みをする前に
もう一度立ち止まって考える必要があります。

勉強におけるまとめ勉強は効果があるのか
そこには疑問を感じます。
なぜなら積み重ねを要する勉強の本質に
大きくかけ離れる勉強をしても果たして
試験には役には立たないと断言できるからです。

そもそも試験直前に新しい知識を学んでも
それをすぐに試験に使える知識にはできません。
試験で使える知識とは
勉強してそれを練習問題や模試で試して
しかし1回では上手くいかずそこで失敗を経験して
改めて改善をしながら使える知識にする。
(これを血肉化するといいます)
そして初めて試験で使える知識になるのです。

これが夏の講習で大量勉強をしてそれから
使える知識にする練習を繰り返すのなら
価値のある講習になりますが
入試直前期のこの時期に新たな知識を学んでも
試験本番に使えるようには絶対になりません。

受験の鉄則として今やってはいけない勉強が
試験直前に新しい知識を学ぶ勉強なのです。
それを高額な講習費を払って参加をするのは
お金をかける意味のない無駄になるだけです。

ではこの時期に何をすればいいのか
それは今現在持っている知識を盤石なものにする
基礎の徹底反復練習です。

入学試験は100点を目指す試験ではありません。
群馬県のトップ高である前橋高校や前橋女子高校でも
1教科平均80〜85点平均を取れば必ず合格します。

例えば数学でいえば問題1から問題6まであって
問題1と問題2は基礎的な計算問題です。
問題3〜問題5が方程式や関数の文章題で
ここまで完璧に解ければ80点は取れる
構成になっています。
問題6の図形の応用問題を捨てても
前高や前女には十分合格ができるのです。

しかし冬期講習などでは難しい問題6の解き方を
時間をかけて勉強します。
基礎がしっかり固まらない状態で
問題6など解けるはずがありませんし
逆に問題1から3までの基礎計算問題を間違えて
取り返しのつかない失点をしてしまいます。

5教科で基礎を徹底するような講習では
高額な講習費を取ることができないので
多くの塾の冬期講習は難問をいかに解くかという
パフォーマンスに走る傾向があります。

親も子供が受験で結果を出してもらいたいと
大手の塾の講習なら間違いないと高額な講習費を
払う傾向がありますがこれは子供の実力を見ない
親の欲だけでしかありません。
それで役に立たない難問の解答法の勉強をしても
高額なお金をただ捨てるだけの結果になります。

受験直前期の時期は子供の実力を見た
基礎力を盤石にする勉強こそが必要な勉強であり
そこに何十万円もの金額はかかりません。

高校受験の冬期講習は親の無知を逆手にした
塾の策略に多くの親が引っかかる光景を
たくさん目にする時期でもあります。




サクセスでは高2生の大学受験相談を無料で行っています。
目標大学にどうすれば合格できるか
その学習計画はどう作ればいいのか等の
進路相談会です。
お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

サクセスの学習は一人ひとりの目標を実現するための
学習スケジュール作成とそれを実行する
学習指導とスケジュール管理を
個別に指導する学習塾です。

サクセスの勉強は
深い読解力を身につける勉強を通じて
受験勉強に生かすことはもちろん
AI社会を生き抜く力を身につける
才能教育を目指します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強の意味