2021年02月01日

2021年ヤバいほど変わる中学教科書

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



2021年は中学の教科書改訂が行われて
4月から中学で使う教科書がすべて変ります。
今回の改定はこれまでとは少し様子が異なり
特に英語・数学・国語では大改訂の様相になっています。

概要は
◎学習量がかなり増える
◎上位学年から学習内容が降りてくる
◎思考力・判断力・表現力が強化される
となっています。

英語では
中1〜中3で文章量が全体的に増量する。
英単語数が学年ごとに120〜130語程度増える。
中1でBe動詞や一般動詞が小学生に降りる。
中2の内容がかなりの量降りてくる。
(過去進行形や未来形など)
中2で英単語数が120語程度増える。
受け身形が降りてくる。
中3で英単語数が130語程度増える。
高校内容の一部が降りてくる。

数学では
教科書に載る演習問題数が倍くらいに増える。
中1で素因数分解と確立が降りてくる。
中2では高校で学ぶ箱ひげ図が降りてくる。
中3では大きな変更はなし。

国語では
大学入試につながる論理国語の内容が新たに加わる。
情報の読み取り問題が大幅の増えて
図やグラフやイラストを用いた文章から必要な情報を
読み取る練習が多く取り入れられる。
思考力や判断力・表現力を活用する内容が多く載せられる。

これらの改定内容は今年から実施された
「大学入学共通テスト」が今の中1が受ける時から
更に大きく変わる予定だかです。
しかし今回導入予定だった英語の外部試験導入と
数学と国語の記述問題導入はどちらも先送り
あるいは導入見送りになっています。
しかしやがては共通テスト全教科で記述問題が
導入されることを見越した教科書改訂が先行して
行われているので
今後の大学入学共通テストへも何かしらの
影響があるかもしれません。

言えることは今回の大学入学共通テストで
実施された読解力や複数の資料問題との融合問題は
中学教科改定の難化に沿って
更に高度に複雑化した問題になると予想されます。
今回の中学校教科書全面改訂は
大学入学共通テストの更なる進化への架け橋
となる改定であることは間違いありません。

日本はグローバル世界での競争に後れを取る状況です。
そこで政府は国民の教育の質を上げるべく
大学入試のレベルアップを図ったのです。

その大学入試のレベルアップを支える中高生の
学力アップが待ったなしの課題になっていて
今回の中学生の教科書改定は数年後の更なる大学入試の
レベルアップのための布石なのです。

このような教科書のレベルアップに対応するため
小学生時代の計算力と読解力の基礎学力の強化が
欠かせない時代になりました。

サクセスの小学校コースは基礎計算力と
国語読解力を徹底して付ける演習指導です。
今小学生コースの体験授業を実施しています。
お気軽にお問い合わせください。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明




夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習塾