2021年02月03日

入試問題の国語読解スピードを上げる勉強

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学入学共通テストはこれまでのセンター試験とは
明らかに違うテストになりました。
センター試験はダイレクトに知識を問う問題が
多かったのですが
共通テストはページ数が倍近く増えてその分が
文章問題を読む量が増えました。
共通テストは読解力と速読力がないと
時間内に全ての問題をやり終えることができない
テストになっています。

文章を読むスピードを上げるためには
一文字を速く読むスピードを高める方法と
文のかたまり全体を見通して読む方法と
二通りあります。

一文字を速く読むためには視野角を狭くして
眼の動きを速くして読む練習が必要です。
文章全体を見通して読むためには
視野角を広くして読む練習が必要です。
どちらが入試問題を解くのに適しているかと言えば
入試問題を読むためには視野角を広くして
全体をを見通して読む方が速く正確に
問題が解けるようになります。

視野角を広くするにはリラックスが必要です。
人は緊張すると視野角は狭くなります。
緊張は呼吸を浅くして心拍数を高めて
視野角を狭くして思考停止の状態になります。
テストで頭が真っ白になるというのは
緊張のあまり思考回路が停止してしまうからです。
テストで普段の実力を出すためには
緊張を避けてリラックスできるような
訓練を積む必要があります。


リラックスする練習とは
深呼吸とアファメーション
を習慣化することです。

深呼吸は呼吸を深くゆっくりていねいに
5秒吸って10秒止めて15秒で吐く
というように吐くことに意識をしてください。
これを1日に何回も行うことで
呼吸をコントロールしてリラックスもコントロール
できるようになります。

アファメーションは積極的な自己肯定感をつくる
自分にかける言葉です。
自分に自信がないと精神的に不安定になり
入試本番などいざ実力を出す場面で弱気になり
思った結果が出ない本番に弱い精神状態になります。

日常的にリラックスする練習ができると
このような不安定な状況が改善されて
視野角が広く使えるようになります。
視野角の拡張は一度に見る視野の範囲を大きくして
短時間で文章内容の概要を掴むことができます。

共通テストのような大量の文章を読んで
問題に答えるテストでは文章の概要を素早く掴み
洞察力を使って問題を解く高度な問題解決力が
欠かせない能力になります。

サクセスの国語読解力養成は
小学生から長期で国語の演習問題をこなしながら
国語や数学の基礎を徹底して養成します。
サクセスの学習指導は今体験生を募集しています。
お問い合わせはお気軽にお声掛けください。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明





夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験