2021年02月08日

数学を得意教科にする図解思考

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


数学が他の教科と決定的に違うのは
計算をして答えを出すことです。
当たり前のことですけど数学の得点力は
計算をいかに速く正確に処理できるかで
決まるといっていいでしょう。

ただ入試で試験時間内に正解を積み重ねるには
素早い計算に至る解法を瞬時に思い描くことが
欠かせません。
試験問題をどんな計算式で処理すれば正解が出るのか
その筋道がわからなければ素早い計算に持ち込めません。

数学の得点力は問題をどう解くのかの筋道の解法力と
素早く正確な計算力があって初めて数学の得点力が
アップします。

中学生で数学を苦手にしている生徒は
数学の問題をただ単純に頭の中で処理しようとします。
そしてああでもないこうでもないと考えて
時間がかかり時間内に問題を終えることができません。

では数学が得意な生徒はどうしているのかと言えば
問題をすぐに図式化して映像的に図解して解法を見つけます。
あとはその解法に数式を当てはめて計算をして正解を出します。

数学を図式化したり映像化して問題を解くとは
問題を視覚的に解くということです。
文章で書かれるた問題を表化したりイラスト化したり
自分の中で改めて問題を解く道筋を「見える化」
する作業をすることです。

「解法の見える化」はただ脳の中で思考するのではなく
視覚と手を動かして図や表を描く体感覚を使います。
そしてその描いたものを映像化して感覚器官と思考能力と
一緒になって正解を出します。
人間の能力は一つの感覚だけで作業を行うよりも
いくつもの感覚器官を組み合わせて使う方がより能力が
高くなるのです。

問題を解く時もただ脳の思考だけを使うより
手で問題を書いて表化や図式化して映像化すると
様々な感覚を同時に使うことができて
より自分の持っている記憶力や思考力や洞察力を
使うことができます。

小学校の算数では問題を図式化する授業が行われます。
算数は図式化すると思考力と映像化する力が増すので
授業が面白く算数的処理能力も高まります。
しかし中学校になると授業で問題を図式化する練習を
しなくなります。
頭で考えて計算を処理する中学数学になった途端
数学に面白みと映像化する力が弱くなり
数学はつまらない教科の代表になってしまいます。
高校数学など関数や微積分はどう見ても図式化して
映像として思考する方が速い処理ができます。

能力の高い生徒は自然に数学に映像処理能力を
使いながら問題を解いています。
手を動かし図式化して体感覚を使ったりその図を
移動して視覚処理をしたり声に出して聴覚も
使ったり自分の感覚器官をフルに活用して
問題を解いているのです。

勉強が苦手と言っている生徒ほどただ頭で考えて
問題を眺めているだけで手も使わず視覚化することもせず
図解して多角的に考えることもせずに
答えが出ないわからないとすぐに諦めてしまいます。

数学が苦手な生徒はまず参考書選びから変えましょう。
解説が丁寧で図解が詳しい参考書を選び
その図解を写しながらなぜそうなるのか考えてみましょう。
思考とはぼーっと考えるのではなく
手を動かし視覚処理を有効に使い多方面の感覚を
総動員して問題を解くのです。
それが数学を得意教科にする唯一の道です。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強法