2021年02月12日

大学入学共通テストで7割を超えるための受験基礎力

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学入学共通テストが終わり2/25日に国公立大の
2次試験が行われます。
今年は大学入学共通テストが始めて実施され
試験形態が分かったので今後は予備校での対策模試や
各高校でも大学入試対策講座などが開催されるでしょう。

現在の高2生で来年の国公立大学入試で合格をするには
共通テストで7割を超えることが絶対条件になります。
(医学部や難関大合格には8割超えが不可欠です)

国立大学の合格を目指すには5教科7科目という
ぼう大な教科数で7割を超えることが求められます。
現在高2生なら今の段階でこのうち英語と数学TAで
7割超えをしていることが合格の条件になります。
高2生なら今回の共通テストは英・数・国くらいは
解いているでしょうから
今時点で5割を下回っている教科があるのでは
すでに来年の大学入試に赤信号が灯っている状態です。

高2生で来年の大学入試で国公立大学合格を本気で目指す
という決意があるのなら今すぐに英語・数学・国語の
受験基礎学力をつける勉強を始めてください。

受験基礎学力とは学校の教科基礎学力とは違います。
教科基礎学力は学校の期末テストや実力テストで
点数を取るための教科書レベルの基礎学力です。
学校の授業で先生から教えてもらった知識で
テストで点数を取るための勉強が教科書基礎学力です。

受験基礎学力は教科書基礎学力を土台にして
入学試験で点数を取るために教科書レベルの知識を
加工したり融合したりパターン化したりして
試験問題を解くための基礎知識ということが言えます。

数学で難関大学までの入試問題の解法が学べる
青チャートは正式には「基礎からの数学TA」と言います。
また旺文社の英文読解の受験参考書の定番
「基礎英文読解精講」も基礎とありますが
これも教科書レベルの基礎ではなく受験基礎学力用の
参考書です。
受験勉強の初学者が「基礎」の意味を間違えて
「基礎からの数学TA(青チャート)」や
「基礎英文問題精講」を使うと
とても歯が立たないレベルの参考書なので注意が必要です。

受験基礎力とは教科書レベルの基礎学力を加工・追加
融合・パターン化して受験問題を解くために使えるように
することが重要です。

高2生が学校の定期テストで9割の成績を残せても
共通テスト過去問を解いて7割とてないとしたら
それは教科基礎力は出来ていても
受験基礎力がついていないことを物語っています。

受験基礎力をつけるには受験用の参考書を
解きながら受験基礎力を身に付ける勉強我必要です。
その時受験用の「基礎」とうたっている参考書を
使えるために必要な教科基礎力は期末テストで90点が
取れるくらいの完璧さが求められます。
教科基礎力で90点が取れるくらいのレベルでないと
受験参考書の「基礎」は使いこなせません。

教科書レベルの基礎が身に付いていない高校生や
共通テストで7割取れば合格する群馬大学レベルの
国立や公立大なら受験参考書は数学は白チャートで十分です。
英語は語い力と短文和訳力をつける基礎参考書を用意して
2か月で完成させる学習計画を作りましょう。

サクセスの国公立大学コースは
生徒の今時点の学力と志望大学のレベルを考えて
必要な参考書と最適な学習計画をつくります。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明



夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 目標達成法