2021年02月15日

公立高校前期試験に合格したらすぐに始める事

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


群馬県公立高校前期試験は2/9に試験が行われて
2/18に合格発表が行われます。
群馬県の高校入試は前期試験(推薦試験に当たる)
と後期試験(一般試験に当たる)の2回行われます。
後期試験は3/9・10に行われます。

県内の公立高校の前期試験の定員と後期試験の定員は
50:50のところが多くの高校で定員の半数が前期試験で
決まります。
進学実績の高い伝統校は前期試験の定員が30%と
後期試験重視をしている高校もあります。
群馬県で最も進学実績の高い伝統校の前橋高校は
280名の定員に対して前期試験の定員は84人と
30%が前期試験の定員になっています。

さて前期試験を受けて2/18に合格通知を受け取ったら
もしもあなたが3年後の大学受験で国公立大学や
医学部や難関大学などを目指しているのなら
多くの前期試験合格者と同じにこれまでの受験勉強の
日々から解放されてわが世の春を楽しむなどという
バカなことはやめてください。

前期試験合格者は後期試験合格者に比べて
1か月早く高校入学の仮の権利が手に入る
その好機を活かす生活をすぐにでも始めてください。
それはもう高校に行ってもいいという許可に見合う
高校内容の勉強を始めることです。

大学受験で国公立大学に合格するには
大学入学共通テストで6〜7割の得点と各大学が行う
2次試験で6割の得点を取る必要があります。
ましてや医学部や難関大を目指すのであれば
共通テスト8割以上と2次試験で7割以上の高得点が
最低でも必要です。

このようなぼう大な勉強量を要求する大学受験に
対応するためには長期の準備が欠かせません。
大学受験は「先んずれば人を制する」の典型なのです。
しかも高校の定期テストで3年間学年トップレベルを
維持できれば内申点が高くなり国公立でも推薦合格できる
可能性が出てきます。

多くの中3生が高校試験が終わった解放感から
しばらく勉強とは無縁の生活になります。
しかし前期試験合格の一部の優秀者は合格後からは
確実に高校内容の先取り勉強に入ります。
それは自分の目標が高校に合格することではなく
医学部に行く目標があったり理系の研究がしたいという
レベルの高い明確な人生の目標を持っているからです。

公立高校の前期試験に合格するということは
中学校の定期テストなどの内申点が高い生徒です。
合格でその成長を止めてしっまたら今までの努力が
一気に無になってしまいます。

前期試験合格者は更に大きな目標に向かって
高校内容の先取り学習を始めてください。
それが後期試験合格者よりも一歩早く
高校の内容に進める優先権になります。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 人生を変える