2021年02月23日

テストで点が取れない一番の理由

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



以前塾生の中で中学校期末テストの対策を
しっかりこなしてこれで80点間違いなしと思って
結果がかえって来たら60点しか取れていない
ということがありました。
なぜかと聞いてみたら問題文をよく読まずに
間違ってしまったと言いました。

テストで点数が取れない原因は
最も多いのが勉強自体をしていないことです。
そして次にあげられるのが問題文を良く読まずに
自分の思込みで問題を解いてしまうミスです。
おそらくテストで点数が取れない原因のうち
半分くらいは問題を読んでいないことが
原因であると思われます。

数学なら「YはXに反比例する時」と書いてあるのに
比例式で問題を解いてしまう。
英語なら「次の文を疑問文に変えなさい」と
書いてあるのに否定形にしてしまう。
その他「資料Tを見て答えなさい」と書いてあるのに
資料Uをみて答えてしまう。
など例を挙げればきりがありません。

これは日常の勉強でも同じことを繰り返します。
そして答えが合っているか間違っているかの
答え合わせしかしないので×をもらって終わりです。

日常の勉強でなぜ間違ったのかをしっかり検証し
問題文の読み間違いあるいは問題文自体を読んでない
ということが分ったらその部分をしっかり解消するように
改善がなければまた同じことの繰り返しになります。

日常の勉強では早く解くことを優先せず
時間をかけてもいいのでまず問題文をしっかりと読む
練習をする時間をつくります。
そして問題が何を言っているのか
どんな答えを要求しているのか
問題の作問者はどんなミスを誘おうとしているのか
問題の意図と答えの予想を問題文から読み取れる
そのくらいの洞察力を身に付けるべきです。

中学では問題文中にトラップ(ワナ)を仕掛ける
作問者はいないでしょうが
大学入試では当たり前のように問題文中または
選択肢中にトラップを仕掛けてきます。
日常の勉強から問題文と選択肢文をしっかりと読み
問題文の意図と解答の予想を考える洞察力が身に付くと
作問者の答えに至る意図が見えたりトラップが見えたり
と正解に至る道が楽に探せるようになります。

特に大学入学共通テストはマークテストですので
問題文と選択肢文をしっかりと読む練習は答えを見つける
最も重要な勉強の一つです。

日ごろの勉強はまあまあできるけどテストになると
点数が取れないと言う人は
問題文をしっかり読む練習が足りません。
問題読み間違いや自分で勝手に答えを出してしまう
自滅するテストを治すためには
日常から問題文をしっかりと時間をかけて読む
練習を積む以外にその解決はありません。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明





夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 可能性を伸ばす