2021年04月02日

大学入試現代文を素早く読める勉強法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


大学入試の現代文は現代の日本で書いてあります。
しかしほとんどの高校生が「現代文は読めるから簡単」
と思っていても実は現代文を読めていない事が
往々にして起こります。
それは現代文が現代の日本で書いているので「読める」
と勘違いをして現代文を読むためのスキルを学ばずに
現代文を読むための文の関係を分らずに読んでいるのです。

例えば
「私は高3生。来年は大学入試です。来年の春が待ち遠しい」
という文はどんな関係で出来ているかと言えば
わたし=高3生=受験生 という単純な関係が分かります。
しかしもう少し内容を深く読み込んでみると
「来年の春が待ち遠しい」という文面には
単純には「今は寒いので早く春にならないかな」という
春を待ちわびる気持ちが書いてあるのか
あるいは
「わたし⇒来年大学入試⇒来春には合格」という自信に満ちた
心の内面をあえて文面に書いて自分はできる受験生だという
強力なアピールをしているという心理も読み取れます。

このように一つの文に込められた内面の結論は
その分面の前後やもっと先の段落にある結果を見て初めて
一つの文面の意味が理解できるという深い洞察力が
必要になる場合が多々あります。

つまり現代文を読むとは
文面を正確に読むことであり文と文の関係がわかる事。
これが現代文を読む目的でありゴールです。


現代文の内の論説文に関しては
文と文の関係は多くの場合あるテーマがいくつかの
並列項(テーマにおける例がいくつか並列的に書かれる)
として話題に出されることがあります。
「私はエンピツと消しゴムを彼にあげた」
という文には「エンピツ」と「消しゴム」が並列項です。
ただこのエンピツと消しゴムはただの並列項で終わらない
場合があります。

「エンピツ」と「消しゴム」はどちらも筆記用具として
「同値項」(違いがないもの)として書かれている可能性もあり
「えんぴつ」は書くもの「消しゴム」は消すもの
あるいは長いものと丸いものという「対立項」として
書かれている場合もあります。

論説文を読む時には文中に上げられる「並列項」が
同値なのか対立なのかによって読み方から結論まで
まったく逆の答えが要求されることになります。

大学入試の現代文を考察してみると多く場合
論説文で扱われる「同値項」の内容は
「対立項」の構成を取る場合が非常に多いです。
つまりAの段落の内容とBの段落の内容を対立させ
その結論に導く対立軸をより鮮明に見せながら
結論へとつながる対立からどちらが正解かを示して
解答を得やすくい構成になっています。

この場合国語が苦手という高校にとっては
現代文の内容が「対立項」によって構成されている
ということすら読み込む事が出来ません。
最初からAとBの「対立項」によって文章が構成されている
と理解できて初めて
AとBの「対立項」の構成が見えてくるのです。

現代文の論説に関する問題では
文面で提示されるいくつかの内容が
「対立項」として示されているということを
踏まえて文章を読み込み
その対立軸を上手くまとめられた述べられた内容が
著作者が下す一つの結論と考えるのが妥当です。

もちろんこのような単純な「対立項」によって
問題がすべて出来ているとは限りません。
もっと複雑に様々なトラップ(ワナ)が仕掛けられた
問題文を読んで正解を見つける事が重要です。

しかしまずは基礎を徹底して身に付けることで
その他の応用的な文章構成にも対応する力が付きます。
現代文攻略の基礎は「対立項」によって文が出来ている
ということを理解して問題演習に取り組んでください。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強法