2021年04月09日

受験英語を制する速読力強化法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


大学入試英語では共通テストを筆頭に
長文読解の比重がますます増えています。
共通テストでは問題数6のうちそのほとんどが
英文読解問題で占められていて
問題の中の総語数はセンター試験の1200語から
共通テストでは1500語に増えました。

これだけ試験時間中に英語を読む力が必要なのに
2020年のセンター試験の英語平均点と
2021年の共通テスト英語の平均点は
ほとんど同じという状況です。
これは受験生の英語読解能力が高まったというよりも
英文の難易度が下ったという方がわかりやすいです。

この傾向は文科省でも英語能力について
「実用的な英語能力」や「社会で通用する英語能力」
に重きを置いて英語の試験を作成すると言っています。
つまり難解で一部の英単語マニアでもないと解読不明な
英文ではなく例えば英字新聞や英文のインターネット情報を
いち早くキャッチする能力が求められているのです。

このような社会的ニーズは大学入試にも反映されて
大学でも学生に求める英語力として
大量の英文を素早く読み一読して内容を理解する力を
入学試験段階でふるいにかけようとする動きが
大学入試の英語長文化に現れています。

しかし中学や高校の英語授業ではこのまったく逆の
英語授業が行われています。
英語読解の授業では10分で読める英文を
3時間も4時間もかけて1文ずつ和訳していく
という古典的な授業が未だに行われています。

つまり大学入試と社会の英語に対する要請に
関して中学高校の授業に頼っていては
今の受験英語や大学英語教育には全く対応ができません。

大学入試の1500語にも及ぶ長い英文を素早く読む
速読力を鍛えるには練習段階から大量の英文を
意味を取りながら読み込む「読み慣れ学習」が
欠かせません。

いくら英単語集や文法問題集を暗記しても
「使える形」でアウトプットできなければ
長文を速く読めるようにはなりません。

英文速読トレーニングには
「英文精訳トレーニング」と「英文速読トレーニング」
の2段階の練習が必要です。
「英文精訳トレーニング」は100〜200文字程度の英文を
1文ずつ読みながら正確に和訳していくトレーニングです。
この時正しい英単語力と英文解釈力のレベルアップをしながら
2〜3か月かけて精訳力を上げていきます。

その後「英文速読トレーニング」に入ります。
この際には300〜500語程度の英文読解問題集を使い
大量の英文を素早く正確に読めて問題に答えられる
実戦力をつけます。

英文読解は正しく意味を取れる精訳力をベースにして
素早く英文を読む速読力を身につけることで
大学受験英語を制することができます。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 逆境を克服する