2021年04月13日

文系国立大を目指す理科基礎2教科の選び方

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


文系国立大学を目指す高校にとって
理科をどのように取るのか迷うところでしょう。
文系国立大学を受ける場合共通テストを必ず
受験する必要があります。
その場合理科は
「物理」「化学」「生物」「地学」の4教科があり
それぞれに基礎と発展の2分野に分かれます。

例えば「物理」なら高1で物理基礎を学び
高2以降で物理発展を学びます。
理系国立大学なら理科は必ず発展までを受験します。
理系国立大学は2次試験で理科を課す大学が多いので
理科は大学2次試験でどの教科が試験教科なのかで
共通テストでの理科の選択は必然的に決まります。

しかし文系国立大学は2次試験で理科を試験教科にする
大学がほとんどありません。
理科は共通テストのみの試験でありしかも
基礎までしか学ばない高校もありますから
文系国立大学を目指す高校生は理科基礎を
2教科選択するケースが多くなります。

つまり文系大学を受験する場合共通テスト理科で
発展まで取れれば1教科で済みますが
基礎で受験する場合2教科の選択が必要になります。

多くの高校生が学校の授業で学んだ教科を
共通テストの試験教科にします。
そして学校の理科の授業教科は
「物理」「化学」「生物」「地学」の4つの分野のうち
「物理」「化学」「生物」はほぼ取れますが
「地学」を授業にしている学校は数えるほどしか
ないのが実状です。

なぜ「地学」を学校授業で受けられないのか
と言えば需要が少ないという面と「地学」を専門とする
教師が少ないという実状もあります。
現在では高校理科と言えば「物理」「化学」「生物」
の3分野が主流と言っていいでしょう。

しかしサクセスでは文系国立大学を目指す生徒には
理科基礎の2教科を「生物」と「地学」の選択で
受験することを勧めています。
もちろん「地学」は学校で授業教科にないもので
進路指導時に「地学」受験を学校に報告すると
学校から授業教科にないものを共通テスト理科で
受けることはできない。
と強硬に変更の指導を受けることがあります。

それでも文系国立大学を目指す生徒には
学校の授業にない「地学」を進めるかと言えば
「地学」は自学で3か月あれば完成し
しかも中学時代に地学分野(地震や地層・宇宙など)が
得意分野なら自学でも共通テストで6〜7割くらいの点が
取れるとてもコストパフォーマンスに優れた教科なのです。

サクセスでもこれまで文系国立大学に合格した生徒は
理科基礎2教科はすべて「地学」と「生物」で受験して
共に6割以上の点数を取り合格しています。

問題は学校の進路指導で学校の授業にない
「地学」をどのように認めてもらうかですが
これもセンター過去問や各予備校から出版されている
模試の実践問題で6割以上の得点を取り
理科基礎2教科は「地学」と「生物」で行くと
丁寧に説明すれば認めてもらえる可能性は大きいです。

それには早めの受験勉強の完成を目指し
高3生なら4月の段階で英語・数学TAは7割くらい
仕上がっている完成度が必要です。
その完成度が学校でも確認できれば
国立大学合格にかなり近づいていると認められて
理科基礎の受験教科の選択も認める余裕ができます。

文系国立大学を受験する高校生は
暗記だけで得点が取れる「生物」「地学」
も基礎教科を選択する計画を立てましょう。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験