2021年04月26日

タブレット学習の落とし穴

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



すべての小中学生へタブレットが渡され
タブレットによる教育の補完が始まります。
タブレット学習は家庭で映像授業を見たり
課題をタブレットで送信したり
学校休校時にはオンライン授業の端末になったり
さまざまな使い方が考えられて
これからの教育の主要ツールになる可能性を秘めています。

しかしタブレット教育は新たな教育の方向性の広がりを
創り出せる万能の道具になる反面
入学試験の学力をつくる受験学力の向上には
あまり向かない面も持っています。

それはタブレットの学習に慣れてしまうと
タブレットの上だけで計算して答えを出したり
選択肢をタッチすれば答えが出る安易さに慣れて
本物の受験学力をつくる紙とペンで手書きで計算をする
面倒くさい計算式をとばしたり
マーク式の解答用紙にしっかりとペンで塗りつぶす
手間をかける勉強ができなくなる恐れがあるからです。

特に中学や高校の計算式を
紙とペンを使って手書きで計算する過程は
手書きをすることでどこで間違うのか
どこで行き詰るのか
あるいは答えが出るまでどれだけ時間がかかるのか
という入学試験で合格に直結する解法のすべてを
身体感覚を通じて会得するのに役立ちます。

大学入試の数学で万能の参考書と言われる
チャート式も例題とその解法の過程と解答を
すべて手書きで書き写すことで
問題の解法を身体感覚に覚えさせて
実際の問題を解くときに同じ傾向の問題を
手書きで覚えた身体感覚で再現できれば
自然に正解にたどり着く事が出来ます。

この「手書きで覚える身体感覚」はとても重要です。
英語の長文読解問題でも
手書きで自力和訳した短文和訳の練習を土台にして
英文の構成や解釈を身体感覚に覚えさせて
それで長文読解の練習を始めると身体に染み付いた
英文を和訳する感覚が鋭くなって2〜3ページにも及ぶ
超長文問題も速読で読めるようになります。

数学の問題を高速で解く力も
英語の長文を高速で読む力も
その土台は基礎になる問題を丁寧に手書きで
解きながらあるいは和訳しながら
身体感覚に覚えさせる練習を積み重ねた結果
会得できる能力なのです。

タブレット学習は気軽に映像授業を時間に関係なく
どこでも見られる機会を得られます。
また学校の授業を家でもオンラインで受講できれば
不登校生でも授業に参加することが可能になります。
また家で気軽に授業の復習や難しい内容を質問もでき
学習機会をどこでも作れる画期的なツールになります。

しかし大学入試のような勉強の効果を身体感覚まで
高めて問題を見た時に瞬時に問題が解ける
本物の受験学力を身に付ける「手書きで覚える身体感覚」は
タブレットのような安易な学習では身につかないのです。

今大手予備校や進学塾がタブレット学習を組み入れた
多様な学習法を取り入れてますが
サクセスでは身体感覚を敏感にする
手書きでで覚える学習を大事にしていきます。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強の意味