2021年05月22日

格差社会を大逆転する大学受験勉強

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



司馬遼太郎の歴史小説「坂の上の雲」には
日露戦争で活躍した秋山兄弟が主人公で
物語が進行します。
特に兄の秋山好古は日露戦争で陸軍騎兵を駆使して
ロシア軍最強のコサック騎兵を破る活躍をします。

その秋山兄弟は江戸末期に幕府側につき敗者となった
松山藩の極貧の家庭で育ちます。
その様な極貧の身ながら社会に出て生きていくには
教育をつけて当時新期に募集を始めた官学へ
受験をして入る必要がありました。
(この場合は師範学校か士官学校)

以下「坂の上の雲」本文紹介
【明治期の国家の精神は、満天下の青少年に向かって
勉強を勧めた。学問さえできれば国家が雇用する。
特に戊辰戦争で賊側にまわった藩の人間にとって
それ以外に自分を泥沼から救い出す方法はなかった。
秋山好古の父親は「古今の英雄豪傑はみな貧窮の
中から生まれた。貧乏がイヤなら勉強をしなさい」
といつも名言を吐いていた】

明治期の立身出世はみな勉強することで
学者になったり官僚になったり軍人になったり
したものです。
そして勉強さえできればどんなに貧乏だろうと
官学はみな無料で入学できたのです。

現代も明治期と並び称される経済格差が
とても大きく広がった社会です。
現代の日本では年収1千万円以上の割合が5%。
年収200万円以下の割合が20%と
大きな格差が生まれています。

この格差社会で大逆転をする最も簡単な方法が
今も昔も同じで「勉強し大学に行く」ことです。
国公立大学なら家庭の所得によっては学費免除の
制度が用意されていますし
私立大学の中には成績優秀者に特待制度で
学費が全額免除から一定程度免除の制度もあります。

ところが今は所得格差と教育格差が同一になっています。
所得の低い家庭の子供は学力も低いという現象が起きて
その原因が子供の教育費が学校外教育(塾等)に偏っている
現状があると言います。
しかし先ほどの「坂の上の雲」における秋山好古の
例で行けば家が極貧で満足な教育が受けられないからこそ
子供はしっかりと勉強して官学へ行く努力をする
というのが道理になっています。

つまり明治期の貧困層は家庭の経済状況は最悪でも
意識や意欲の面では富裕層とあまり変わらない
高い志を持っていたと言えます。
しかし現在の貧困層は家庭の経済状態が最悪だから
満足な教育も受けられないと卑屈になっている
意識や意欲の低下が経済格差の原因になっているように
思えるのです。

先日テレビの対談で東進予備校の林修先生と
筑波大学准教授で現代の天才と言われる落合陽一氏の
対談がありました。
二人の話す大学入試制度論はとても共感できるものでした。
「日本の大学入試制度は世界的な経済格差の拡大から見ても
実に平等な試験制度になっている」
と試験に経済格差とは無縁の平等性があると言っています。

つまり欧米などの大学入試制度で問題になる推薦試験は
富裕層の家庭が子供に莫大な資金をかけて
有名大学教授の指導を受けて論文作成を行い
その論文数で大学入試の推薦試験に合格していく
金にものを言わせて子供を有名大学に入れていく
とんでもない試験制度だというのです。

それに比べて日本で行われる大学入試は
家庭の経済状況も親の学歴や経歴も関係なく
一発試験で合否が決まるとても平等な試験だと
落合洋一氏は自ら大学で学生を教えて改めて
最近認識を変えたと言っています。 

学力さえあればだれでも無料で医学部に行ける道も
国公立大学はもちろん私立大学でも様々用意あります。
例えば日本のへき地医療を支える自治医科大学では
9年のへき地医療に従事することを条件に
6年で4,000万円ほどする学費と年間100万円以上する
寮費をすべて無料にします。
この試験の合否に家庭の経済状況は全く加味されません。
例え親の年収が200万円以下だとしても
子供が勉強し入学試験に合格すれば6年間の学費と
寮費が無料で医学の道を目指せることになります。
そして親の経済状態とは関係なく子供は医師としての
大逆転人生を歩む事が出来ます。
このような大学が日本にはまだまだ複数ありますので
調べて見てください。

学校の勉強や受験勉強は塾で教えてもらわなくても
「勉強のやり方」さえ身に付ければ学年トップレベルに
なることは難しくありません。
また今はスタディサプリのような安価な学習教材も
手に入る時代です。
子供の学力不振と家庭の経済状況は一見
同一視されますが
実は両者に因果関係はありません。

それは「坂の上の雲」の主人公たちが
みな極貧の中から日本の歴史をつくる
功績者になった現実からも分かると思います。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377



夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 人生を変える

2021年05月21日

受験勉強をゴールまでの角度で考える

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。


受験勉強の学習プランをつくる時
「今の自分」と「目標にする自分(合格する自分)」
との距離関係と時間を把握しないと
しっかりとした学習プランは立てられません。

「群馬大学理工学部に行きたい」と思っても
「今の自分の実力」と「今からどれだけの時間があるのか」
でゴールまでの【角度】が違ってきます。

グラフにするとよくわかります。
グラフの縦軸が「実力」横軸が「時間」として
今が高3生で来年の共通テストを受ける時
今の実力が50点で目指すゴールが300点なら
今時点で250点の差があることが分ります。

これを横軸の時間8か月後に達成するには
グラフの0の時点から8か月後の縦軸250まで
かなりの急角度で直線が伸びることが分ります。

その角度は果たして自分の勉強でカバーできるのか
考える必要があります。
そして角度を緩やかにするために
目標位置を低めに設定して調整することを考えます。
もしも急角度のままの計画で進めるのであれば
自分の生活ペースを大幅に変える自己管理が
必要になるでしょう。

サクセスの学習コースには週3回通塾のコースと
無制限のフリーコースがあります。
多くの高3生が受験勉強を進める時に
学習計画のグラフが緩やかならば
週3回通塾コースで十分合格の学習計画ができます。

しかしゴールまでの角度が急角度で
生活ペースを変えない合格に届かない場合
サクセスではフリーコースにして
毎日多量演習を行う学習計画を立てます。

実際に今年自治医科大学看護学部に合格した
前橋市立高校の生徒は高2の2月から勉強を始めて
その時点ではゴールまでの角度がかなり急な線になるので
3月から5月の学校休校のチャンスを利用して
まるで浪人生のように毎日通塾し
英語と数学TAの演習を徹底して行いました。

その結果わずか3か月で英語と数学の模試の点数が
数学TAが35点から65点に
英語筆記が30点から70点になり
ともに合格レベルを超えました。

受験勉強は量と質のバランスで結果が変わります。
今高3生であと8か月で500点以上の得点を上げる
勉強をするとしたら
毎日の生活の質をどう変えるかを考えてください。
サクセスは受験生と共に学習計画を確実に実行する
指導を行います。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 可能性を伸ばす

2021年05月20日

高校生に必要なパラレルキャリアという考え方

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



大学入試で文学部を目指すという高校生に
将来の就職先がないから違う学部を選びなさい
という話をする大人がいます。
確かに今就職に関しては理高文低で
しかも文学部卒の資格が職業に直結する仕事はなかなか
見つかりません。

しかし現在の働き方改革の流れなのかでキャリア能力は
一つの職種に専念するのではなく様々な職種を組み合わせた
パラレルキャリアという働き方が主流になりつつあります。

例えば文学部という書物から人生の解答を見つけたり
人間の生き方を学ぶ学問の専門分野を極めたら
その専門性を高齢化社会の専門職としての
社会福祉士などの資格と組み合わせたらどうでしょうか。

社会福祉士はやはり社会福祉の専門家として
大学の福祉科などで勉強して国家資格を取って
社会福祉分野の団体や企業に就くのが一般的です。

もちろん社会福祉の専門家としての知識や技能は
国家資格として持ち合わせてはいますが
その専門分野にもう一つ何かの専門知識を加えたら
社会福祉士として誰にもなしえない高齢化社会の
他に存在しない専門家としての地位が約束されます。

このように現代は一つの分野の専門家ではなく
2つ以上の専門分野の資格を取得した
パラレルの活躍が出来る人間を求める社会なのです。

文学の専門家と社会福祉士という組み合わせ以外にも
教員免許を持った教育者と臨床心理士という組み合わせは
人間行動心理が勉強や受験にどんな影響を与えるのか
受験企業からのコンサルタントの問い合わせや
またコロナ禍で閉塞感を感じる子供の異常を見つける
心理学の専門家としてその存在が注目されています。

また管理栄養士の資格を持ったスポーツコーチも
食の分野から運動能力の向上に貢献するコーチとして
さまざまなチームからのコーチ依頼が殺到しています。

このように一つの資格を持つ専門家は星の数ほどいますが
教員資格と臨床心理士というパラレルキャリアや
管理栄養士とスポーツコーチというパラレルキャリアは
まだ絶対数が少ない専門家なのでその専門知識を
必要とする場所はたくさんあると思います。

パラレルキャリアに必要な進路は
自分の専門家としての知識の核となる専門分野を
一つ見つけることから始めます。
文学が好きなら大学の文学部に行くことを第一目標にします。
そしてその専門知意識にどんな資格を組み合わせると
これからの社会で求められる専門家になるかを考えます。

今コロナ禍という大きな社会変動の動きが起こっています。
今後はこれまでのコロナ前の時代の既成の社会構造とは違う
まったく新しい時代に必要とされる新たな職業が生まれる
チャンスが訪れることが予想されます。
その新しい仕事の多くはこれまでの仕事の組み合わせにより
新たに生まれる仕事です。

今を生きる高校生は自分の好きな分野を専門的に学び
それにどんな分野の資格を組み合わせると新しい社会の
仕事になるのか考えながら生きてください。
その仕事の組み合わせの妙はあなたでなければ出来ない
組み合わせになるかもしれません。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 人生を変える