2021年05月04日

孤独感をエネルギーに変える英語原書読書法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



コロナ禍による感染症対策で
今まで経験したことのない生活を強いられる
毎日を送る日々が続いています。
中高生も密を避けるために教室の机の間隔を
大幅に空けて授業が行われ
友達との会話も支障が出たり
部活が中止されたり修学旅行が中止されたり

人との交流が一切できないことで
精神的に孤独感を感じる中高生が増えている
という話を聞きますし実際に不登校生が増えている
調査結果が出ています。

現代人は孤独を非常に恐れる傾向が強くて
友達との交流が途絶えるとほとんど人生の破綻者のような
感覚に襲われる傾向にあり
あまりにも人との交流に飢えているあまり
本来付き合わなくてもいいような相手とも
付き合ってしまう「つるむ」という関係になることも
よく起こり魔ます。

おそらく孤独という言葉のイメージが
「寂しさ」と結びつき真冬の凍りついた雪山で
遭難すると同じくらいの心の寒さにつながるのでしょう。

孤独感を強く持つ人は勉強への障害にも
つながります。
勉強は本来孤独の中でやるものです。
問題集を解くのも参考書を読むのも
基本一人でやる作業なので
孤独感をつらいと感じる人は勉強の孤独感に
耐えられずに仲間とつるんだり映像授業を受けたり
何かとつながっていないと不安で仕方ない
状況に置かれます。

映像授業で勉強する人はそれで多くの仲間とつながって
いると勘違いをします。
しかしそれは安心を得るための手段であって
その場では孤独感は紛れるけど
勉強をやったつもりの自己満足は得られても
自分の内面を深く掘り下げる本来の勉強には
なり得ません。

孤独と向き合うとは
自分の内面の技量を高める時間と捉えるべきです。
コロナ禍という非常事態で人と人との交流に制限が
かかる今だからこそこのコロナ禍を逆に活かして
自分の内面に教養という強力な武器を持つ
自分史上最高の自分になる自己鍛錬を実施しましょう。


そのために日常ではなかなかできない
自分の生き方を変えるような教養を身につける
時間を楽しみましょう。

その方法の一つが読書です。
まさに読書は孤独でないと本を読み進めることができません。
ジャンルは何でもかまいません。
公立の図書館に行けばさまざまな本が借りられます。
思い切って厚い文学作品を借りてきて
自分に合わなければすぐに返却して次の作品に
移ってもいいです。
そのうち今の自分にピッタリ合う
夢中になって読める作品に出会うはずです。

そしてこんな時期だからこそぜひ読んで欲しいものが
英語の原書で書かれた作品です。
英語に触れることで英語能力が高まるのはもちろん
英語表現を身につけることで自分の表現力も豊かになる
英語の原書読書は1石2鳥にも3鳥にもなる
最高の読書になります。

英語原書読書の方法は日本語で書かれた内容を
知ってることが大原則です。
そうでないと数ページで挫折する羽目になります。
以前サクセスで学んだ不登校生の中学生がいましたが
この生徒はハリーポッターの大ファンで
日本訳の本や映画のDVD を全て持っている生徒でした。

そこでハリーポッターの英語原書本を訳しながら
1冊読破した経験を持ちました。
その生徒は少しずつ学校にいけるようになり
高校入試で伊勢崎晴明高に見事合格しました。

英語原書本の読書は読破することで大きな自信を手にできます。
そして孤独の中で英語を読み進めることで
自分と向き合うことになり自分の生き方を考えるきっかけに
なるのです。

孤独によりエネルギーを放出するのではなく
孤独によりエネルギーを蓄積できると
そのエネルギーはやがて生きる力となって
大きな爆発力になります。
孤独感をエネルギーを蓄積する機会にしましょう。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 人生を変える