2021年05月11日

中学3年の1学期は受験生基礎固めの期間

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



中学3年生は1学期の過ごし方で
そのまま中学3年生で終わるか
高校受験の受験生になるかの分かれ目の
時期になります。

中3生は2学期になれば誰でも受験生になる
と思ったら大間違いです。
中3生は誰でも中3生になれますが
中3生は誰でも受験生にはなれません。

受験生とは自分の進路を自分で決めて
(できれば将来のキャリアも目標として定めて)
その進路を実現するために
どの高校が自分のキャリア形成に一番合うのかを
見極めてその進路のために受験計画をつくり
実行する中3生です。

ほとんどの中3生は高校受験は自分の実力に合う
レベルの高校を模試の結果で決めて
(実際は学校の担任の言われる高校に決める
という中3生が少なくありません)
「行きたい高校」ではなく「行ける高校」に行く
受験勉強をします。
このような進路は中3生なら誰でもできますし
学校の進学指導で高校を決める受け身型の
受験勉強をします。

そしてこのような中3生は将来の進むべき道も
まだ自分では決められず高校受験もただ
合格することが目標になります。
高校合格が目標になると高校に受かれば
それで目標は達成してしまい
しばらくは勉強しない日々が続きます。

高校の学習進度は進学校なら中学の2倍のスピードで
授業が進んでいきます。
高校合格を目標に勉強してきた人は
高校に受かったあとはしばらく高校生活を
楽しみたいと勉強とは無縁の高校生活を
送りますがいざ高校の授業が始まると
高校受験後全く勉強しない怠けた脳で
中学の2倍のスピードで進む高校の授業に
全くついていけない状態になります。

このような依存型の高校生は中3の時に
しっかりと自分の未来のビジョンを描けない
ただ高校に受かりさえすればいいという
勉強に対するネガティブな感情が
自分の成長を妨げます。

中3生は1学期の定期テストをどのように受けて
どんな結果を出すのかをイメージして
勉強してください。
中3の1学期中間テストは定期テストの中で
一番満点が狙えるテストです。
誰でもしっかり勉強ができれば
中2の時に学年下位に沈んでいても
中3の1学期中間テストで5教科400点を超える
結果を出す事が出来ます。

中3生は夏以降は高校受験の勉強と
中3の学習との両方をこなさなければいけません。
一気に勉強の量が倍に増える夏に
1学期に中2までと同じ勉強をしていたら
中3の夏が受験勉強の夏にはなれません。

中3の夏に受験生としての勉強量をこなせるには
中3の1学期に定期テスト対策で勉強量を増やして
しっかり結果を残す必要があります。
中3の1学期は夏以降の受験勉強をこなせるのか
あるいは中3のままで学校の言われるまま
自分の進路を学校に委ねるのかその分かれ目に
なる時期だと意識をしてください。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 高校受験