2021年05月17日

受験結果を大きく変える小さな希望の法則

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



あなたが数学が苦手でいつも定期テストで
30点しか取れないとして
次のテストまであと2週間に迫った時に
親から2つの提案があったとします。
1つは「次のテストで100点を取ったら夏休みに
家族で北海道旅行をプレゼントしよう」
もう1つは「次のテストで60点を取ったら
高級焼き肉店で食べ放題プレゼントをしよう」

さてあなたならどちらを選ぶでしょうか。
「北海道旅行は魅力的だけどあと2週間で
70点も点を上げるのは絶対に無理。
でも30点アップなら何とかやれそうだ」
と確実に達成できる方法を取るのが現実的です。
そして高級焼肉店の食べ放題をイメージしながら
今までの2倍勉強してどうにか60点を取って
焼肉にありつくのです。

ここから人がやる気になるメカニズムが見えてきます。
心理学に「動機づけ理論」という人が何によって
動機づけされてやる気を出すのかを
研究する研究があります。

「動機づけ理論」で重視されるのが「希望」です。
人は希望があるからやる気になれるのです。
「自分にもやれそう」という希望が見えて初めて
人は行動に移す意欲が生まれます。


勉強ができる人を見ると「自信」に
満ちているように見えます。
確かに優等生は小学校の時からずっと
成績が良かった人が多いので
「勉強で結果を出してきた」という成功体験を
積み重ねてきた経験値が自信につながるのです。

勉強ができない人は「不安」と「自信のなさ」が
根底にあります。
この2つは密接につながっています。
どんなに努力しても結果を出してきた経験がないので
「また今度もだめかもしれない」という不安が
「自信の無さ」そのものになり
結局小さなミスをくりかえし大きな失敗になります。

では成績優秀者は最初から100点を取るという
大きな目標を掲げて勉強してきたかと言うと
小さな成功体験を積み重ねて小さな自信を増やし
成功体験の数が自信そのものになり
成績優秀者になったのです。

今成績が下位に沈んでいる人は
次のテストで「一気に逆転」を狙っても
絶対に成績を上げることはできません。
今数学の点数が30点の人は
次のテストで40点を目指し小さな成功体験を
積み重ねてください。
そしてその次のテストで50点。
その次のテストで60点と少しずつ点数を伸ばし
1年くらいかけて80点〜90点に点数を伸ばし
「自分も出来る」という自身をつけてください。

するといつしか表情から不安は消え去り
顔に自信の力強さが満ちるようになり
それと前後してテストの点数もいつも80点以上を
取る成績優秀者になります。

大学受験においても「希望の法則」を活用すれば
今模試でE判定でも1年で志望大学合格も
夢ではなくなる日が来ます。
そのために小さな希望を積み重ねる勉強を
日々怠りなく実行してください。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(320) | 目標達成法