2021年05月25日

小学生のうちに徹底して鍛える2つの基礎学力

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



野球のイチロー選手は小学生の卒業文集に
「ボクは将来プロ野球選手になり
1億円を稼ぐ選手になります」
と将来の夢を語りその言葉以上の活躍をしたのは
ご存知の通りです。

このように将来大きな結果を残す成功者は
小学生の時にその基礎をつくっています。
イチロー選手は小学生の時から父親の指導のもと
野球選手としての基礎力を養いました。

小学生時代はその後の人生を左右する
基礎能力を養う大事な時期に当たります。
野球選手やサッカー選手や水泳の選手や
プロゴルフ選手になるには小学生から英才教育
を受けることで心身ともにそのスポーツの
基礎能力を養うのです。

では将来医師になって多くの命を救いたいとか
将来有名な研究者になって大きな発明をしたい
と言った勉強で大きな仕事を成し遂げるための
小学生時代の基礎能力養成はどうすればいいのでしょうか。

それは医学部や難関大に楽々合格する受験能力の
基礎学力をつける学習を積み重ねることです。
その小学生時代に身に付ける基礎学力とは
算数の計算力と国語の読解力です。

小学生のうちから中学受験で使うような
受験テクニックを身に付けることは
将来の大学受験にとってはあまり役にはたちません。
それよりも素早く正確な計算力や国語読解力を
身に付けるほうが将来の大学受験に与える影響は
とても大きなアドバンテージになります。

例えば算数の計算力は計算が出来ればOK
というレベルではなく
そろばんの達人がこなすような計算暗算力を
極限に高める計算力が必要です。
そろばんの達人が数字を見た途端に暗算が出来る
という計算の必要のない暗算力です。

小学生で暗算力を身に付ける練習は
「百マス計算」の足し算の練習で時間を測り
1分を切るくらいのスピードで百マスの計算を
終える事が出来ればかなりの暗算力が
身に付くことになります。

また「トランプ足し算」も暗算力の練習になります。
トランプをよく切って1枚ずつ開いて
出た数を足していくというゲームです。
52枚のトランプの数をすべて足すと364になります。
これも3分以内に終えるように練習を繰り返します。

国語読解力は国語の読解力をつける問題集を
1か月くらいで1回終わりにするペースで練習します。
その時間違った問題は解説をよく読み
問題の答えが求めている解答が問題文中のどこにあるのか
確認してもう1か月かけて2回目の反復を行います。

また長い文章を速読で読む練習も必要です。
文章を読む練習は回数をこなすことで
文章読解力と問題解答術が高まります。

国語に限らず問題文を正確にしかも素早く読む力は
試験能力の中で最も重要な能力になります。
問題文の内容をいかに正しく読むかは
正解を見つける基礎中の基礎になります。

医学部や難関大に合格するためには
共通テストや各大学の2次試験で
高得点を取る力が必要です。
その試験自体は時間無制限なら
ある程度のレベルの高校生なら解ける問題です。
大学入試で高得点を取る能力は
問題を見たら瞬時に正解を出す解法を見つけ出し
素早く正確な計算で答えを出す能力です。

そのための基礎学力は小学生の時に
身に付けた方が中学以降の学校定期テストや
高校入試でも役立つ能力になります。
それは決して誰も解けない難問を解く能力ではなく
素早い計算力と文章読解力の2つなのです。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明


夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 可能性を伸ばす