2022年01月10日

なぜ自分の部屋で勉強が出来ないのか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。




学校が試験の前になると図書館や
テーブルと椅子がおいてある公共の場で
勉強をしている高校生の姿をよく目にします。
高校生はそもそも自分の部屋では勉強できない
といいます。
それは自分の部屋では集中できないからとか
誰かが見ている場所でないと勉強が長続きしない
という理由があるようです。

しかし勉強を始めて忘れた箇所に出くわして
「あれこれなんだっけ」と思ったときに
すぐに参考書や辞書が手に入るのは
自分の部屋意外にはありません。

塾や予備校の自習室が充実しているのが
入塾の決め手といいますが
これも場所の取り合いになったり話声が気になったり
あまりいい環境ではありません。

なぜ高校生は自分の部屋では勉強ができないで
公共施設や図書館や塾の自習室に出没するのか
それは「一人では勉強できない」という呪縛から
抜け出られないからです。

人前で勉強する姿を見せると
自分は今勉強しているという自己満足の
精神状態になります。
他人の目のないところでいくら勉強しても
誰かから見られているという満足感を
感じることはありません。

ただ人前で勉強している姿を見せる満足感は得られても
勉強効果を考えれば勉強に集中はできないので
勉強ができるようになるとは思えません。
公共の場には雑踏の音や人の話す声があり
それを打ち消すためにイヤホンで音楽を聞くことで
勉強の集中力はどんどん弱くなっていきます。

自分の勉強部屋以外で5時間勉強するのなら
自分の部屋で人と音をシャットアウトして
1時間勉強したほうが効果があるのは明らかです。
つまり自分の部屋以外で勉強するのは
勉強が目的でなくて勉強している姿を
その場を行き交う人に見せることで
自分は今勉強していますと言うアピールを
することが目的なのです。

それで勉強の効果が高まることはありません。
つまり図書館や公共の場で勉強している人の
成績や受験結果は大したことがないと
周りに示しているのと同じです。

もしも勉強で成績を上げたい受験で結果を出したい
という目標を持っているのなら
自分の部屋以外で5時間勉強するのをやめて
自分の部屋で頑張って2時間勉強してください。
そのほうが結果を変えるための勉強になることは
間違いありません。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明




夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 家庭と言う教育の場