2022年05月07日

格差社会を生き抜く勉強力を身につける

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



格差社会が問題になっています。
国全体のひずみが教育格差を生み
それが労働格差につながり収入の格差になる。
勉強ができるできないが一生の格差の元になる
大きな問題になっています。

しかし勉強ができない理由を格差社会に押しつけるのは
すこし無理があるように思えます。
環境に恵まれていようが環境に恵まれていまいが
勉強力のある人は勉強するし
勉強力のない人はやはり勉強しないものです。

現代は高い教育を得て高い技術や知識を得た人が
高い収入を得る職業に就くことができる社会です。
このような固定社会では格差社会の上の人が有利です。
東大合格者の親の所得平均が1千万円といわれると
ますます所得格差が教育格差社会を生む連鎖が
確実に進んでいることを物語っています。

しかし本来の勉強力は所得のあるなしに関わりなく
勉強をしたいという意欲が重要です。
格差社会の原因を教育のコスト高にもとめて
教育コストを払えない低所得者層の人は
教育にお金が払えないという理由で
教育格差に甘んじている感があります。

教育は結局は意欲の差が大きく結果に影響します。
日本は中学・高校とも基本的には授業料は無料です。
大学も国立大学などは低所得者には授業料免除の
制度もあります。

結局は勉強は意欲的に勉強に取り組み
自分にあった勉強法さえ見つけられれば
学校でトップクラスになるのに親の経済的の差など
ほとんど関係ありません。

学校の教育は勉強は教えますが
勉強のやり方を教えることはしません。
そこは意欲的に勉強に取り組む過程で
自分なりの勉強の仕方を見つけることが肝心です。
学校の成績は教えてもらうことで知識をつけることが
3割であとの7割は自分の勉強でその内容をテストで
点数になるレベルまで実戦力をつけることです。

つまり学校での勉強3割で残りは家庭での自学が
7割の占めるのです。
経済的に余裕のある家庭はその部分を塾や予備校に
頼りますが勉強のやり方さえ分かれば家での勉強で
塾や予備校の代わりになります。

塾や予備校に通う人の中には自分で勉強ができなくて
何から何まで塾や予備校に任せっきりのような
勉強をしている人もいます。
そのような人は受験まではたどり着けても
その先の自分の人生を変えることなどできません。

意欲的に勉強しその上で壁にぶつかり
それでも諦めずにチャレンジして何かを掴むことで
結果を変える人は人生そのものを変え
ひいては自分の環境そのものも変えることができます。
そのための自分の勉強の仕方を試行錯誤しながら
見つけ出してください。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 一生涯の勉強