2022年05月16日

高1生が国際系の大学を目指すための受験計画

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



高校生が文系コースを選択する理由には
2つの特徴があります。
1つは数学を苦手とするから文系コースを選択する
という理由です。
これはとてもネガティブな選択理由です。
このネガティブさは高校生活全体に消極的な姿勢を
もたらします。
特に大学受験は消極的な姿勢から受け身の受験勉強に
なることが多くて受験勉強自体が上手くいきません。
当然その結果は学校や塾の進路指導に振り回されて
人生そのものを誰かの言いなりに生きる生き方に
なることが予想されます。

もう1つは英語が得意で英語を主体的に勉強したい
という理由から文系コースを選択する場合です。
このような生徒が目指す大学は英語を中心にした
学部構成をしている大学になります。
近年は英語コースの学部というと
国際教養学部や国際コミュニケーション学部といった
英語をビジネスに活かす学部の人気が高まっています。

ここでは英語を得意とする文系コースの生徒が
高校1年生から国際系の大学を目指す場合の
受験計画の例を上げてみます。

国際系の大学を目指す場合英語を徹底的に
学年トップはもちろん全国的な模試や検定試験で
突き抜けるレベルに上げる必要があります。
具体的には英検を高2になるまでに2級を取り
高3の初めまでに準1級を取ってください。
そして高2の段階でTOEFLでスコア120満点で
100点(100/120)を目標に取っておくことです。

高校生で英語がまあまあ得意レベルで
英検2級とTOEFLスコアで80/120は
少し頑張れば取れるレベルです。
国際系大学で内申点で合格に絡むためには
英検準1級とTOEFLスコア100/120は
超えておくべきレベルだと思ってください。

このレベルの英語力を持つには
学校の授業では全く役に立たない内容になります。
高1から国際系の大学を目指す人は
まず学校の教科書は夏休みが始まるまでに
教科書の内容は完璧にマスターしていくことです。

そして夏休みから受験教材や検定試験教材はもちろん
NHKのラジオ講座やYouTubeなどを積極的に活用し
英語に関しては学校の先生もかなわないくらいの
レベルをアップを目指してください。

人気の国際系大学として秋田の国際教養大学があります。
この大学は公立大学ですが合格レベルは首都圏の難関大学と
遜色ないレベルが必要です。
英語は上達に時間のかかる教科です。
高1からじっくりと英語力を伸ばすことで
国際系大学に合格するチャンスの幅が広がります。
高1生は3年計画で本物の英語力を伸ばし
一生英語を使う分野の仕事につけるような
大学を目指してください。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 可能性を伸ばす