2022年06月24日

勉強で叱られると子供は潰れる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



親や先生なら子供を叱ることはあります。
しかしその叱り方一つで
子供は潰れることがあります。
潰れるとはその分野で二度と立ち直れなくなる
あるいは心に大きな傷を負いそれがトラウマになって
その分野に嫌悪感を抱くようになる
というものです。

子供を叱ることにいい叱り方と悪い叱り方があります。
いい叱り方とは子供が社会生活を生きることに
悪い影響を与える行動をした時に
大人が「それは良くない」と叱ることです。

子供は社会的に未熟なことがあり
自分の行為がいいことか悪いことか
わからないことが多々あります。
その時には周りの大人が注意をすることは
何の問題もありません。
逆にそのことで子供が良し悪しの判断の基準が
できることがあればそれは大人の注意は
その子供に良い影響を与えたことになります。

一方で悪い叱り方とは
スポーツで(特にチームスポーツで)
怠慢な行動をして仲間に迷惑を掛けるときや
得点や結果に悪い影響を及ぼす動きをした時に
コーチなどから叱責されることがありますが
これは子供を潰す叱りになります。

勉強に関しても
勉強ができないから
勉強をしないから
成績が悪いから
と子供を叱る親がいますが
親が子供を叱っていい場面は
子供の行為が社会的に周りに迷惑をかけるような
時に限ります。

勉強できない
勉強しない
成績が悪い
は子供自身の問題です。
このような行為に親が関わることは
基本的は親は口出しをしないことです。

それどころか親の役割は
子供の側に立って
「勉強することは自分の成長にとっていいこと」
というメッセージを送るくらいで
親は子供の味方になって見守ることが
子供にとっては大きな味方を得る事になり
やがてやる気を出して前に進むことを
後押しすることになります。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 無条件の愛