2022年08月04日

学習計画は無駄を自覚することから始める

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



受験勉強計画をつくるためには1日の中で
まず勉強時間を確保することから始めます。
夏休みなら朝6時に起きて6時から7時30分まで数学
8時30分から11時30分まで理科2教科
昼の休憩を過ごしてから
14時から17時まで国語・社会
19時から22時まで英語
といった計画を作りそれを実行します。

しかし受験生にとって勉強は重要だと
誰もが思っていますが実際にはゲームやテレビやラインなど
どうでもいいことに時間を取られて計画通りに
勉強が進むことはなかなか出来ません。

計画が進まないと最初は先送りをして
むりやり計画通りに進めようとしますが
すぐに先送りの量が大量に残り勉強が計画通りに
進まなくなると計画そのものが破綻をして
受験勉強自体を諦めることになります。

これは受験勉強を進めるという大目標以前に
勉強を邪魔するどうでもいいことを
リストアップしてそのどうでもいいことリストを
極力やめるための「自覚」が必要なのです。

この自覚がないと勉強とどうでもいいことが
1日の中で混在して勉強はどちらかというと
やりたくないほうなのでどうでもいいゲームやテレビや
SNSに逃げてしまいます。
するとどうでもいいことは依存のエネルギーを持っているで
どうでもいいことから抜け出られなくなります。

夏休みにどうでもいいことばかりやって
勉強がまたく進まない結果に終わったという
クズのようなことをやってしまうのは
勉強とどうでもいいことをしっかりと分けて
どちらがより重要なのかを自覚する覚悟が必要です。

今回の夏休みももう半分終わろうとしています。
果たしてあなたは計画通りの勉強を進めているのか
どうでもいいことをやり続けているのか
自覚のないままで夏休みが終わると
更に自分に対する自己肯定感が下がり
これまで以上に勉強にネガティブになります。

自覚を持つには
自分の現状を紙に書くことです。
「今時分は受験生で〇〇大学を目指して努力をしている。
この夏休みは1日の大半を勉強に当てる日常を贈り
秋には必ず模試で合格に絡むような結果を出す」
というような自分の現状と目標設定を改めて書き出し
勉強することとどうでもいいことをしない自分を
しっかりと分ける自覚を持つのです。

ほとんどの高校生は自分の現状を紙に書いて
自分の今に「活」を入れる行動など
まったくしていません。
たとえ受験生でもただ日常を漫然と「勉強しなければ」
という認識だけは持って
だけどどうでもいいことから抜け出られずにいます。

自分の現状を紙に書く。
この行為だけでも焦っているだけで
何も現状を変えようとしない普通の高校生から脱して
本当に自分の目標のために努力する高校生になる
一歩を踏み出します。






サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習の時間管理