2022年08月15日

勉強から逃げる本当の心理は何か

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



受験勉強を始めるとなぜか他のことが気になり
部屋の片付けを始めたりちょっと散歩に行きたくなって
3時間も歩いてしまったり勉強前に小説を読み始めたら
なぜか全部読み終えてしまった。
など勉強とは関係ないことに気が行ってしまうのは
勉強から逃げる心理が働くからです。

勉強から逃げる心理は勉強で悪い成績を取ったことを
自分の主観的なストーリーに結びつけて
「悪い成績をとった」→「自分は勉強に向いていない」
というアイデンティティ(自己概念)に
してしまっているのです。

もちろんこれは間違ったアイデンティティです。
なぜなら悪い成績をとったことと
自分は勉強に向いていないことの間には
何の関係性がないのですから。

しかし自分が今まで経験してきたテスト前に勉強したのに
悪い点数を取ったことや
悪い点数を取って親から愚痴を言われてことなど
いいイメージのない経験を積み重ねたことが
「自分は勉強に向いていない」という確定的な
アイデンティティに結びつく結論に達したのです。

アイデンティティが「自分は勉強に向いていない」という
勉強にネガティブな感情を持つと無意識に勉強から
遠ざかる行動を取るようになります。
これは意識ではなく無意識の行動ですから
自分がそうしたいと思わなくても気づいたら
勉強なら逃げる行動を取るのです。

アイデンティティを変えるためには
自分が今「勉強に向いていない」という
アイデンティティを持っていることを
客観的に知ることです。
そして次の質問を自分にしてください。

1「なぜ勉強から逃げようとしているのか」
「何が原因なのか」

2「それでそれをどうしたいのか」

3「ということは何をしたいのか」

このような質問は自分が間違って持っている
アイデンティティに関係なく
「成績が悪い」という真実のみに向けた
質問になります。
この時決して「自分は勉強ができない」という
自分でつくったストーリーに沿った答えを
導かないようにしましょう。

あくまでも「なぜ勉強から逃げているのか」
「それをどうしたいのか」
「ということは何をしたいのか」
という客観的な問いを自分にして客観的な解答を
自分からもらったらそれを客観的に実行してください。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 生き方を学ぶ