2022年08月21日

本当の自分を見つける自己との対話

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



夏休みもそろそろ終わりです。
はたして今年の夏休みは満足いく勉強が出来ましたか。
否、ほとんどの高校生は今までと同じ
どうしても先送りの日々を過ごして
気づいたらもう夏休みが終わろうとしている。
毎年同じ轍を踏み後悔に満ちた日々を送っているはずです。

なぜ毎年「今年こそは夏に猛勉強するぞと意気込み
しかしその決意も虚しく後悔の夏休みになるでしょうか。
それは日々の生活を感情や気分で過ごしているからです。

感情や気分で日常を送ると
「よしやるぞ」という決意は気分が乗っていれば
ハイテンションで行動を取りますが
高揚した気分が長続きすることはありません。

気分が盛り上がれば盛り上がるほど
その逆に落ち込みが大きくなり
落差の大きな感情や気分は躁鬱(そううつ)の
神経症のような症状をつくり出します。

そして気分が落ち込むと何もする気が起きなくなり
うつ状態が長く続くと自己否定の感情が起こり
さらに自己嫌悪感が強まり勉強に向く気持ちが
どんどん遠のいていきます。

このような自己嫌悪感から脱するには
客観的な自分を見つめ直し
その自分に適切な問いかけを投げかける
もう一人の自分と会話をするイメージを
持つことが重要です。

これは精神を安定させる
「もうひとりの自分を客観的に見つめるワーク」
というものです。
自分の部屋のような一人になれる場所で
自分の姿を想像します。
意識を部屋の隅において
そこから自分を眺めるイメージを持ちます。

自分からもう一人の自分が抜け出して
まるで他人であるかのように自分を見てください。
そして抜け出したもう一人の自分から
自分に質問をしてください。

「今どんな気分」「今の気分を言葉に表して」

「今何をやりたいの」「そのやることにどんな意味があるの」

「その事をしないとどんな顛末が待っているの」
「その事を達成するとどんないいことがあるの」

というような質問をもうひとりの自分と自分で
交わしてみてください。
これは今やろうとしていることを感情と切り離して
今やろうとしていることを客観的に事実として
やらない選択とやる選択とどちらがいい結果を
自分にもたらすのかを想像することになります。

そして次のような決定的な質問をしてください。
「ということはしたほうがいいしないほうがいい」
「するとしたらどんな方法でしてみるのか」
「もしもすることに躊躇しているのなら
他の方法でするやり方はないだろうか」

このような質問は感情や気分で何かをやろうと
感情に支配されるのではなく
客観的に事実として「行動する」ことに素直になれる
自分を見つけることに大いに役立ちます。





サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 運命を変える