2022年12月03日

効果的な反復練習の方法

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



勉強内容を1回で覚えることは出来ません。
1回記憶に定着したとしてもそのレベルはわずかなものです。
1日経てば60%の内容は忘れ去られて
1週間も経てば何をやったのかさえ忘れてしまいます。

記憶の定着度は繰り返し上塗りをすることで
長期記憶に深く刻み込まれていつでも使える
記憶になります。

効果的な反復練習の方法は1回目の練習から
少し経ってまだ記憶に残っている状態で
2回めの反復練習をします。
その間隔は翌日の朝がベストです。

翌日の朝は脳が前日学んだ内容を寝ている間に整理をして
必要な知識か不必要な知識かを分けています。
その時何もしないと不必要と判断された知識は消去されます。
しかし翌朝に前日ない内容を復習すると
復習内容を脳が必要な知識だと再認識して記憶に残します。

そして2〜3日経った頃に3回目の反復練習をします。
これは1〜2回記憶に残ったとしても数日でその内容は
次々と上書きされてる勉強によって記憶の山に埋もれて
いざという時に取り出すにくくなるからです。

記憶を強固にする方法として
効果的な勉強がテストをして曖昧な知識を目の前に引っ張り出す
強烈な刺激を伴う勉強法があります。
テストは曖昧な知識では点数に結びつきません。
記憶と点数を結びつけることで
忘れると点数が悪くなるという刺激は
強烈に記憶を強固にする効果があります。

記憶の山に埋もれそうになった勉強内容も
数日後に更に反復練習をすることで
再び記憶の山の一番上の段に呼び戻されます。
このような反復練習を繰り返すとやがてその記憶は
記憶の山から別の記憶の保存倉庫に運ばれて
正真正銘の長期記憶の引き出しに保存されることになります。

反復練習とは記憶の山に埋もれそうなった知識を
再び目の前に呼び出して記憶の山の一番上に引き出す
練習を重ねることで徐々に強固な記憶に
固まることをいいます。

記憶は繰り返すことで強固になっていき
それは別の長期記憶ホルダーに編集されることで
忘れることのない知識になるのです。




サクセスの大学受験指導は
大学受験勉強の行動を変えるための
毎日の習慣を変えるパラダイムシフト
(自分のあり方そのものを変える)の指導をいいます。
サクセス塾長 堤俊明が
「7つの習慣セルフコーチング」資格取得コーチとして
多くの高校生に人生の劇的な転換をする
コーチングをおこないます。
「7つの習慣セルフコーチング」に関するお問い合わせは
お気軽に電話でお尋ねください。


サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 反復学習