2023年12月05日

決定的に違う結果を出す3ミリの差の勉強

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



「良いは最良の敵」と言われます。
勉強でも「よい」を目指したのでは今の時代は
恵まれた目標を手にすることは出来ません。
つまり「良い」を目指すことは当たり前なのです。
ほとんどの人は「良い」を目指して努力をします。
しかしそれでは到達点はみんな同じになってしまいます。
以前ならそれで良かったのですが今は「良い」は
普通のレベルでしかありません。
せっかく目指すのなら「良い」ではなく「最良」を目指すべきです。

「良い」と「最良」の差ってどれくらあるのだろうか。
例えば顔の美しさには黄金比率というものがあります。
完璧に美しい女性の顔は完全なる黄金比率を誇っている
わけですがでは美しいと言われる顔の比率と
そうでない人の顔の比率の違いはどれくらいの差なのかといえば
わずかに3ミリしか違わないと言うことがわかっています。

目鼻立ちや口元の位置など顔の美しさはわずか3ミリの差で
普通顔と美人顔が決まるのです。
ずば抜けた才能を発揮するにはものすごい努力をしなければいけない
と思われがちですが実は3ミリだけ人と違うことをしただけで
圧倒的な差が出るように見えるのです。

人と違う結果をだすのもわずか3ミリだけ人と違う努力をするだけです。
例えば塾から帰ったらプリントの練習を10分だけやってみる。
英単語集を5分だけ多く読み込む。
テストが返ってきたら答えを見ながら間違った問題を解き直す。
朝10分早く起きて数学の問題を1題解いてから学校に行く。
学校の休み時間に古典単語の復習を3分だけやってみる。
など3ミリの違いを毎日くり返すことで1年も経てば
やらなかった時とはその差はテストの点で30点以上の差になるはずです。

その3ミリの差をやるかやらないか
その意志こそが1年後の自分の結果に大きく貢献します。
ずば抜けた結果を出す人の思考回路は
このような日常のわずかなさの積み重ねによって出来ている
ということを知っているのです。
わずか1日3ミリの差が大学合格に大きく近づく差になります。

今日は最高の1日だったと思う日こそ
あと3ミリの工夫をしてください。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強の意味