2024年02月18日

子供のことで悩む親は自分を正当化している

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



親として子供を育てていて
幸福そうにしているととても生きにくいのが現代です。
そこで不幸そうな顔をしていると色々とご利益があります。

子供に問題があって学習不振になったり問題行動を起こす。
その時に幸福そうにして生きていると周りから非難の陰口が
聞かれたりします。
「子供が問題を起こしているのに親が幸福そうに生活していて
よくもまあニコニコと生きていけますね。
親がそんなだから子供が問題児になるのですよ」

そこで親はすごく悩んで不幸そうな顔をして
落ち込んでため息を付いて悩んでいるとみんな言います。
「親がそんなにも悩んでいるのに親の気持ちも分からずに
なんて親不孝な子供なんでしょうか」
となって問題の責任が全部子供の方にいきます。

子供が問題児で親が悩んでいるというのは
一部世間に対する親の見栄です。
もしも子供を救いたいのなら
親は子供のことで悩まないください。
子供のことで悩んでいる限り親は自分の世間体とか
自分の評判とかのほうを子供よりも大事にしているのです。

悩みの目的は「可愛そうなのは私で悪いのはあの人」を
演じることです。
それでは「子供が問題児になったのは私のせいではない」
と周りに示して責任を子供に押し付けて責任放棄しているだけです。
親が不幸な顔をしている限り子供を救うことは出来ません。
不幸な人は不幸な相手を救うことは出来ないのです。
不幸な相手を救うことが出来るのは幸福な人だけです。

よく宗教の勧誘に家庭を訪問している人がいますが
その人たちの顔はとても不幸そうな顔を顔をしています。
不幸そうな顔をして信仰を持って人々を幸福には出来ません。
つまり子供を幸福にしたいのならまず親自信が幸福になって
その幸福感で子供と接することに徹してください。

理想の子供像・理想の配偶者像というものがあります。
しかし理想は現実には存在しません。
現実に存在するのは学校のテストで最悪な成績を取ってきたり
学校で問題を起こしてくる今の子供の姿なのです。
大切なのはどんな子供かではなく今の子供とどう接するかです。
自分が求める理想の子供の姿は忘れてください。

何しろ親でさえ理想の親ではありません。
だから子供にだけ理想の姿を求めないで
まず自分の今の姿を鏡でよく見て
どうすれば親として幸福になれるかを考えてください。
そして幸福感を感じる姿で子供と接してください。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 親としての生き方