2024年06月04日

高2の夏で英語が得意なら絶対に難関大を目指せ

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



英語は英単語を覚える量が半端なくあり
大学入試に必要な英単語量は5000とも6000とも
言われます。
高校3年までに覚える英単語量は中学から合算して
4500と言われますので
それ以上の量を自前で覚える必要があると言えます。

英文をどれだけ読めるのかを端的に測るものとして
英検があります。
高校生で必要な英検は準2級と2級です。
準2級は高校2年生レベルの英文読解力とそれに伴う
英単語を覚えているかを測ります。
2級は高校卒業程度の英語力を測っています。
大学入試に望むのなら英検2級レベルの検定試験に
合格するくらいの英語力を持ちましょう。

大学入試の英語は近年特に長文読解問題のその英文量の多さが
突出して来ているという印象があります。
特に共通テストは以前のセンター試験なら
語いの問題やアクセントや短文の並び替えといった
文法的な出題の問題が20%を占めていました。
しかし今は問題1から問題6まですべて
英文読解力を見る問題構成となっています。

特に問題6は2ページにも及ぶ長文問題がAとBの
2題出題されます。
これだけの長文読解問題を80分で読んで
設問に答えるために英文速読力のトレーニングは
絶対的に必要な入試問題になっています。

このような英語の問題に対処するための勉強は
半年以上の勉強時間が必要になります。
ですから今の時点で共通テストの過去問英語問題を
解いて70点以上取れる人は今時点で英語が
完成している状況だと言えます。

高2の夏時点で英語が完成しているとすると
この夏休みに集中してやる教科は数学になります。
数学は(TA・UB)ある程度の基礎計算力があれば
チャート式数学(青でも黄色でもいいです)で
5ヶ月かけて数学TAとUBを完成させて今年の冬までには
共通テストの過去問数学を解いて70点が取れるレベルまで
数学の実力を高めてください。

大学受験勉強で一番完成までに時間のかかる教科は
英語と数学(TA・UB)です。
この2教科が高3になるまでに完成しているという
アドバンテージは他の追随を許さないくらいのレベルに
到達していることを表します。

このような受験生の到達するレベルは偏差値70に近い
難関国立大あるいは医学部や薬学部になります。
その第一歩は英語が高2の夏時点ですでに完成している
という状況を作り出すことです。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験