2024年07月09日

親の教育意識の違いが子供に及ぼす影響

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。




1学期期末テストの結果が返ってくる時期です。
このテスト結果を見て親が子供にどんな反応して
どんな声掛けをするのか
その親の意識(教育に対する親の意識)が
子供の次の反応や夏休みの過ごし方すべてに
大きな影響を与えることを親自身が知っているでしょうか。

ではどんな反応をすればいいのでしょうか。
ここでは成績が悪かった時に取る親の反応について
考えてみます。

テストは基本的はその時点での子供の実力が
そのまま点数に現れたものです。
ですから努力もしないのに点数が悪かったというのは
当然の結果を出したことになります。
この場合は勉強もしないでゲームや友だちと
ラインばかりしてその結果が悪いせい成績になったのなら
親は子供をしっかりと叱っても何も問題ありません。

逆に1回のテストで点数が悪いというのは
実はテスト勉強をしっかりしてきたのにそのテストで
魔の悪いことに解答欄を間違ったり時間切れになったり
という不可抗力で結果が悪かったというケースもあります。
子供がしっかりと勉強して臨んだのに運の悪いことに
悪い結果が出てしまったという場合には親の叱責は
逆効果になることが往々にあります。

「せっかく勉強したのに親はそのことを見ていない」
というのは子供には受け入れられないことなのです。
そうです。親は子供の日常を見ていますか。
日常の生活を何も見ていないで結果だけで
いい悪いを判断される子供はたまったものではありません。

親は子供を叱っても褒めてもどちらでもいいのです。
しかしそれは子供の日常をわかったうえでの結果に対して
でなければなりません。
子供の日常をまったく見ずに「無視をし続けて」
そのくせ結果には口を挟む親は最低の親です。
「仕事をしているから子供の日常なんて監視できない」
というのはただの言い訳です。
親には子供に対する高い教育意識が求められるのです。






サクセスの国立大学理系学部完全個別指導の
お問い合わせや体験指導の申し込みなどは
お気軽にウエブのお問い合わせページや
堤宛メールアドレスからお寄せください。

http://yumesuc/com/
success.tsutsumi@gmail.com




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 家庭と言う教育の場