2016年07月14日

まさか 子どもの勉強を塾に丸投げしてませんよね?

群馬県前橋市富士見町と高崎市箕郷町の
「夢をかなえる学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは
未来を生きる子どもを
育てる親に向けて書いています。


受験や日常の勉強を
レベルアップするために

塾を活用するのは
1つの選択肢として
あっていいことです。

しかし
多くの親と生徒が
塾の使い方に
大きな間違いを犯します。

それは
塾に入れたから
もう勉強は全部お任せという

勉強丸投げの姿勢です。

塾に行っていれば
もう安心などと
思っている親さえいます。


あくまで塾は
勉強をするための
サポートの一つにすぎません。

勉強は学習内容を
どれくらい反復するかで決まります。

「分かるまで丁寧に教えます」
という塾の宣伝文句がありますが、

勉強で大事なのは
「勉強が分かる」
のではなく
「テストで点数を取る」ことです。

そのためには
反復練習が絶対必要なのですが、

反復練習をする時間を確保するためには
勉強を教える塾は
時間の無駄使いと
お金の無駄遣い以外の
何ものでもありません。


今回の期末テストで
サクセスの生徒で
中学1年生の子が
5教科の合計で

500点満点中490点を取り
ダントツ学年1位になりましたが、

この生徒の家庭では

勉強は反復練習
という意味を理解していて

期末テストの範囲の
5教科の学校のワークの

範囲のところをすべて
10枚づつコピーを取り

子どもはそのコピーを
ひたすら繰り返し
その反復練習の
賜物で…

ダントツ学年1位になりました。

塾に丸投げする家庭なら
もう塾に子どもを通わせているから
自分たちは
何もしなくていいとなり

テスト前に
子どもの勉強の
サポートすることなど
あり得ないと思ってるでしょう。

子どもの勉強には
関心すら持たず、
しかし結果には敏感に反応し

この塾は面倒見がいいとか
この塾は教え方が下手だとか


まるでものを買うように
過剰なサービスを
いかに受けるかに意識を向けています。

そうではなく
親として子どもの教育に
最終的な責任を持ち、

足りないところを
塾で面倒を見てもらうのが
本来の塾の使い方です。

親は
子どもを塾に通わせる
本当の目的は何か

それを明確に
してください。

勉強をわからせるためですか

テストで結果を出すためですか

結果に焦点を当てるのなら
どんなレベルに上げたいのですか

そのために
親のやるべきことは
何ですか

しっかりと考えて
塾を決めてください。


サクセス
夏期講座は
全期間無料体験講座を
実施します。

お問い合わせは
サクセスまで

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

サクセス
027-289-8377
堤俊明





夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強で人生を変える
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: