2020年12月20日

どんな教科でもいいので学年一番になる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



人間は経験したことしかできません。
経験したことがないものはできないのです。
つまり人間の成長とは自分の知らないことを
失敗しながら経験値を積んで自分の知らない
場所や地位の高みに上る経験の連続と言えます。

勉強で学年一番の人がいます。
この人は学年一番になる経験を持っているので
どうすれば学年一番になれるかを知っています。
またなぜ他の人が学年一番になれないかも知っています。
この経験値は学年一番になれないその他大勢の
失敗する前に止めてしまう経験とは違う
学年一位になるまでやり抜いた経験の結果なのです。

学年一位になれない人は一体どうすれば
一位になれるのかその方法を知りません。
どのくらいの勉強をすれば学年一位になれるのか
その努力さえしていないのですから
だからなかなか今の順位を超えて
学年中位から上位へのジャンプアップは
難しいのです。


学校の成績は一度その序列が出来ると
その序列を崩すことが難しくなります。
学年でトップ5位くらいまでの人は
いつもそのグループの中で競争をしています。
その努力は勉強していない人の10倍くらいの努力です。
学年下位層から上位層に上がるためには
その地位を維持する10倍以上のの努力が必要です。

ではあなたが今学年中位層にいて
次の期末テストで学年トップクラスに入りたいと
思ったら何をすればいいのでしょうか。
それはあなたが今最も得意とする教科で
何が何でも学年トップになる努力をすることです。
それが美術であろうと社会であろうと
何の教科でもいいのです。
教科の問題ではなく学年一位になること
その経験を持つこと自体が大事なのです。

次の3学期の期末テストまであと3か月近くあります。
この3か月間でとにかく自分が勝負できる教科を
1〜2教科つくりそれを徹底して反復練習して
教科書や問題集のテスト範囲をすべて完璧に
覚えるくらい5回から10回反復してください。

そして3学期期末テストで100点を取れば学年1位になります。
その経験は大きな経験値になります。
学年1位になるためにはどんな勉強をすればいいのか
どれだけやったら100点が取れたのか
また100点が取れなかったらその原因は何か
自分の中に色々な経験値が積み重なります。
そうしたらその経験値を今度は他の教科にも使って
総合点で学年トップクラスを目指してください。

人間は経験しないことはできないものです。
学年一番になるにはまず学年一番になると
自分で決めることが必要です。
そうすると様々な困難が目の前に現れます。
その困難を一つ一つ乗り越えて初めて学年一番への
道が切り開かれるのです。
その困難を乗り越えることこそが人間的成長なのです。

突然総合点で学年一番になるなど夢物語です。
まずは自分の好きな教科
勝負できる教科から学年一番への挑戦を
始めてください。




サクセスでは高2生の大学受験相談を無料で行っています。
目標大学にどうすれば合格できるか
その学習計画はどう作ればいいのか等の
進路相談会です。
お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

サクセスの学習は一人ひとりの目標を実現するための
学習スケジュール作成とそれを実行する
学習指導とスケジュール管理を
個別に指導する学習塾です。

サクセスの勉強は
深い読解力を身につける勉強を通じて
受験勉強に生かすことはもちろん
AI社会を生き抜く力を身につける
才能教育を目指します。

サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。


高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 可能性を伸ばす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: