2021年02月27日

受験勉強に生かせる天才の成功法則

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



20世紀最大の天才と言われたアインシュタインは
「今までと同じやり方で違う結果を期待することを
狂気という」という痛烈な皮肉を話しています。
つまり「結果を変えたければやり方を変えろ」
ということです。

これはアインシュタインがいう発明発見の法則ですが
そのまま受験勉強にも使える法則です。
受験勉強は自分の目標に向けて結果を出していく
勉強のやり方を見つける成功法則が必要です。
しかし多くの生徒がただ塾の授業を受けたり
映像を見れば勉強ができるようになると思っています。

勉強ができる人間は勉強を教わるのが上手なのではなく
自分の勉強のやり方を見つけられる人間なのです。
ましてやただ塾の授業や映像授業を何度も見て
分かった気になる勉強などは絶対にしません。

自分の勉強のやり方を見つけるためには
色々と失敗を繰り返しながら最適な勉強方を
試しながら身に付けることが重要です。


もう一つ天才が言う成功法則に「遅れの法則」があります。
「遅れの法則」は「蓮池の法則」とも言われます。
蓮の花は1日に一株ずつ増える性質があります。
ある池に蓮の花が1株花をつけました。
翌日にはその株からもう1株花をつけて花が2株になります。
その翌日には2株の花が4株になります。
このように倍の数ずつ花が増えていく池全体を蓮の花が
100日で埋め尽くすとする場合その池の半分を花が埋め尽くす
日数は何日目かというクイズのような話です。

答えは99日目です。
つまり50日経っても蓮の花の数は池全体から見たら
大した面積を占めていないことが分ります。
そして100日に近づくに従い倍の量で花が増えていき
99日で蓮の花が池の半分を占めて100日目に
一気に池全体を覆い尽くす事が出来ます。

勉強の努力もこれと同じことが起こります。
勉強を始めても結果が出るには時間がかかります。
最初は何をやっても結果が出ずに自分の勉強は
無駄に終わるのではないかと不安になります。

そんな不安を抱きながらひたすら努力を続けていると
やがて結果が変わりだしやがて一気に成績が上昇する
まるで水が100度になると沸騰しだす沸点のような
点を超える事が出来ます。

しかしほとんどの生徒はいくら努力しても変わらない
成績に嫌気がさして勉強を諦めるか自分の目標を下げます。
おそらく100人の生徒がいたら95人は自分の沸点を知らずに
勉強を諦めそこそこの成績で満足する人生を送ります。
しかし「結果は遅れてやってくる」という「遅れの法則」を
知っている生徒は決してあきらめることなく100人中5人の
成功する人生を送ります。

あなたは「諦める派」ですか「諦めない派」ですか
その差は天才の成功法則を知っているか知らないか
その差だけかもしれません。



サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
サクセス式受験指導は
志望大学別完全個別指導
受験全教科指導
曜日・時間無制限のフリーコース制
指導料は講習等追加料金一切なしの固定制
です。

高校生は新たに始まる「共通テスト」への対策
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 逆境を克服する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: