2021年12月28日

国立大学合格にどれくらいの時間が必要なのか

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



国立大学合格に必要な勉強が学力は
共通テスト5教科7科目で7割〜8割の得点と
2次試験3~5教科で6割程度の得点が取れれば
ほぼ全国の旧帝大レベルの大学までも合格できます。

しかし受験勉強に関する学校の進路指導では
「基礎学力をコツコツしっかり積み上げて
それから応用力を身に着ける勉強をしなさい」
と言われます。
これでは1日10時間勉強しても
時間が全く足りないのが当然です。

基礎からコツコツ勉強を積み上げるという勉強では
ゴールがどこにあるのかがさっぱりわからず。
ずっと基礎力を積み上げる勉強だけで
高校3年間などあっという間に終わります。

例えばマラソンの練習は
42,195キロを2時間10分で走るという
数量化したゴールを設定した上で
練習法・走法・ペース配分など練習計画をつくり
それを〇月〇日のレースで実行する
という期間を決めて練習していくものです。

基礎を固めて応用問題に答える勉強という
学校で行っている勉強では
ゴールのないマラソンの練習みたいなもので
これでは基礎練習だけで無限の時間が必要です。
やがて勉強自体が何のための勉強なのか
まったく意味のないものに思えてきて
やがて勉強に挫折をするようになります。

では国立大合格に必要な勉強時間はどれくらいあれば
合格ラインに到達するかといえば
ざっと1500時間あればいいと言われます。
この時間なら高3生が1年間で受かりたいのなら
1日4時間あれば良い計算です。
高2生なら1日2時間半。
高1生なら1日1時間半年しっかりと勉強ができれば
国立大に合格できる計算になります。

もちろんこの時間には学校の宿題や
意味のない塾や予備校の授業などは含まれません。
あくまでも自分の行きたい大学の合格レベルを知り
そのレベルまで必要な暗記したものを
しっかり貯金してそれを忘れないように
復習時間まで含んだものです。

また1500時間の中でどのような参考書や問題集が
必要なのかというと
それは目標とする大学のレベルと現在の自分のレベルを
勘案する必要があります。
数学にしても同じ学校の生徒でも学校で指定されている
「青チャート」で勉強が進められるレベルの人と
「白チャート」から始めたほうがいいレベルの人がいます。

これは現在の学校の定期テストの成績や模試の成績で
判断できますので参考にしてください。
サクセスでは現高校2年生の国公立大学受験指導の
生徒募集を行っています。
まずは個別の面談で志望大学や今のレベルを見て
学習計画を作り2週間の体験授業を行います。
興味のある方は気軽に連絡をください。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明


夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 学習の時間管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: