2022年01月11日

スランプとは階段の踊り場にすぎない

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



学校の勉強にしても大学受験勉強でも
勉強を始めても結果がすぐに出ることはありません。
勉強をしても結果が出ずにそれでも腐ることなく
勉強していると突然急に成績が上がるという段階を迎えます。
そしてその上昇時期がすぎるとまたしばらく
成績が上がらない時期を迎えます。

勉強と成績の関係は階段のような上がる方をする
「階段の法則」と言われる上がり方をします。
多くの高校生は勉強をすると一次関数のように
直線で成績が上がることを期待しますが
そんな上手いことは起こりませんので
粘り強く勉強を続ける意志が必要です。

勉強をしても結果が出ない時期がどれくらい続くかは
人それぞれ違います。
3ヶ月位で一気に成績が上る人もいれば
半年くらいかかる人いますので
勉強しても成績が変わらないことで
勉強を投げ出すことだけは避けてください。

勉強の継続をやめた時点で次の成績アップの
段階には絶対にたどり着けません。
これは難問を理解する感覚と同じです。
難問がどうしても解けずに
それでも粘り強く考え続けると
ある日目の前が開けるように
難問が解けるようになるという時期があります。
これも溶けないからと諦めると
その時点でその問題は二度と解けなくなります。

勉強していると成績が逆に落ちるような時期も
迎えます。
またどうしても勉強する気持ちになれずに
思考が停滞して時期もあります。
このような「スランプ」状態も
階段の法則の停滞時期の顕著な例だと言えます。

このようなときは無理をせずに
階段の法則の大きな踊り場に差し掛かったのだと
思ってください。
春に花が咲くには冬の厳しさを
乗り越えなければいけません。
大きく伸び上がるには
大きく脚を折り曲げなければいけません。

勉強で大きく伸びるためには
大きな停滞をする時期も必要なのです。
そして停滞期には新しいことには手を付けずに
これまでやってきたことを反復して
基礎学習を徹底して勉強の自力をつける
勉強をしてください。

それが次のステップのエネルギーになり
更に大きく伸びる時期の力になります。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 生き方を学ぶ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: