2022年01月20日

難化した共通テスト数学への対応

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



2022年の共通テスト数学は
これまでのセンター試験を含む歴史上
最も低い平均点になると言われています。
それくらいこれまでの試験対策では
歯が立たないくらいの問題の変化起こっています。

おそらくこの変化の犠牲者になったのは
数学の偏差値が50〜60くらいの
中の下から上の下くらいのレベルの
ボリュームゾーンを形成する層の生徒です。

例えば文系の国立大学狙いで2次試験には
数学は使わないという人は
数学は共通テストで70点くらいを目指す
というレベルの勉強をしているはずです。
このような生徒は数学にさほど時間を割かずに
計算力と解法の組み合わせで答えを出してきました。
それが思考力や洞察力を駆使しながら
素早い計算で答えを出す高度な数的処理を
要求する問題に出くわし手も足も出ないで
試験時間を終えたことになります。

おそらくこの出題傾向は来年以降も大きくは変わらず
共通テストにおける数学の勉強は
数学本来の深い数的処理の勉強が求められる
そんな勉強になります。

数学本来の数的処理に必要な力とは
まず素早く正確な計算力です。
計算は数学の基礎です。
数学を苦手にしている高校生は
計算力が中学生以下のレベルなのです。
計算に時間がかかると問題を処理する時間が
大幅に増えてそれだけで時間切れアウトになります。

計算力を付ける練習はひたすら計算をすることです。
学校の計算トレーニング問題集の4ステップなどを
春休みを利用して短期間に1〜2周回すなどの
計算強化練習をしてください。
しっかりと取り組めば2ヶ月後には
かなりの計算力が身につきます。

数的処理能力を高めるには
過去問や模試の問題を制限時間マイナス15分
くらいのスピードで解く練習を繰り返すことです。
60分のテストなら45分で楽に解けるくらいの
処理スピードが必要です。
素早い処理能力は複雑に組み合わさった問題でも
解法の糸口を見つけ時間以内に解く速さが定着します。
これには計算力のスピードも必要なのは必然です。

今回の共通テストの数学は一部の数学オタクのような
人だけが解ける難問ということではなく
複雑で高度な数的処理が組み合わされた問題といえます。
これは数学が分かる人なら時間さえかければ
問題なく解ける標準問題なのです。
今回の問題は今まで見たことがない問題で
解法のあらすじを見つけるまでに時間がかかります。
つまり今後数学で高得点を取るには
複雑な問題の組み合わせを瞬時に見破る
数的処理の徹底した基礎力と
正確で速い計算力で答えを出す即答力が
ますます求められる数学になったのです。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明






夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 大学受験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: