2022年06月22日

勉強は継続するからできるようになる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



中高生は今期末テストの真っ最中だと思います。
さて期末テストが終わったらどうしますか。
「今まで勉強の毎日だっからパーッと遊ぶぞ」
などという人ほど勉強していない事が多くて
成績は予想がつくと思います。

なぜ勉強をやったりやらなかったりすると
勉強ができるようにはならないかといえば
それは勉強にしてもスポーツにしても
リズムが大事だからです。
勉強の主目的を学校の定期テストにおくと
テスト前は徹夜もいとわないほど勉強して
テストが終わると開放感からまったく勉強から
離れるという勉強のリスムになります。

この勉強リズムは勉強をする時としない時の
落差が激しくてテスト前はテスト内容を無理やり憶えて
テストが終わると数日ですべてを忘れるという
無謀な勉強の繰り返しになります。
これでは勉強習慣は付きません。

習慣とは毎日の生活の中に勉強時間が
必ず組み込まれた時間を過ごすことでできます。
テスト前はがむしゃらに勉強しテストが終わると
まったく勉強しなくなるという生活を送っていると
勉強習慣は身につきません。

勉強習慣が身につかないと
大学受験勉強を本格的に行う時に
毎日決まった時間に勉強をするという
勉強スケジュールをこなすことができません。

このような高校生がこなす大学受験勉強は
長期計画による受験勉強ではなく
短期期間で一発勝負をする賭けのような勉強になります。
当然大学受験では短期期間で一発勝負の勉強では
学校の定期テストのような結果を出すことは
できません。

大学受験勉強は1教科の範囲が膨大でしかも
国立大学を目指す共通テストでは7〜8教科の
テストで6〜7割以上の点を取る必要があります。
このような膨大な勉強を数ヶ月の短期で済まそうと
すること自体が無知を暴露することと同じです。

今高1〜2年で今から大学受験勉強を始めようと
思っている生徒は
まず勉強のやり方を学校の定期テストのような
短期集中で無理やり乗り越えるような勉強はやめて
テストがあってもなくても勉強のリズムを崩さない
勉強を続ける必要があります。

勉強は大きな山をつくるとその後は大きな谷になる
波の大きな差の勉強になります。
受験勉強はや山と谷の差をなるべく小さくして
勉強を毎日の習慣にするような計画を作り
それを実行することです。

「継続は力」という言葉があります。
継続こそ受験を乗り越える大きな力になります。




サクセスは国公立大学合格を目指す学習塾です。
国公立大学に行くためには
1 今の勉強法を変える
2 勉強する
このことが大事です。


高校3年生は共通テスト全教科を指導します。
高校1・2年生は英語・数学を軸に共通テスト対策の
指導を行います。

サクセスは生徒の進路を第一に考え
その進路の実現のためにどのように勉強して
第一志望の大学に合格するかを全力で応援します。


今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人こそ
ぜひお問い合わせください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 勉強の意味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: