2023年08月16日

心のブレーキをつくる2つの恐怖

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



勉強においても仕事においても
「よしやろう」という上に向くエネルギー
これを「推進力」といいます。
「面倒くさい」という下に向くエネルギー
これを「抑止力」といいます。
2つの「推進力」と「抑止力」を
どのように対応するかの力のせめぎあいがあります。

今のキミの能力の現状は
上向きの「推進力」とそれを妨げようとする
下向きの「抑止力」との釣り合いの結果が
今のキミをつくっています。
これまでの勉強やその他の活動で「推進力」が勝る
生活をして来たとしたら今の環境と状況は
自分の理想に近い場所にいるのではないでしょうか。

しかし「抑止力」が強い人生を送っていたとしたら
何をやっても途中で挫折したり投げ出したりする人生に
なっているのかもしれません。

一般に「推進力」はポジティブな力です。
何かをするときには合理的で論理的で意識的な力が
働きものごとを先に進ませる力が勝るのです。
それに対して「抑止力」はネガティブな力です。
どんなことにも感情的で非合理的で無意識的な力が
働きます。

勉強したいという意欲的な気持ちを高めるには
ポジティブな力の「推進力」の働きを高める必要があります。
しかし「推進力」を高めるだけではダメです。
キミの努力を抑え込もうとする「抑止力」があるからです。
「抑止力」は様々な言い訳を用意して勉強をさせないよう
至ることろで心のブレーキをかける機会をうかがいます。

最初は気持ちもフレッシュで意欲的に勉強に向かいます。
しばらくはいい結果が出るかもしれません。
しかし「抑止力」がある限り徐々に推進力は弱くなります。
気持ちを高めるだけでは「推進力」は長続きしません。

「抑止力」(心のブレーキ)には2つの種類があると言われます。
一つは「承認欲求」
もう一つは「孤立への不安」です。

「承認欲求」
承認欲求は「誰かに認められたい」という生存欲求でもあります。
これは時には人生を大きく前進させる「推進力」になります。
しかし「誰かに認められたい」という欲求は時には自分を見失う
原因にもなり身動きが取れない「自己肯定感」の低下につながる
原因にもなります。

「孤立への不安」
誰からも承認されないという「自己否定」に陥ると
孤立感が強まり人間否定の心を閉ざす行動に走るようになります。
引きこもりやニートという社会生活を閉ざす行為は
自分が孤立しているという不安心理の裏返しなのです。

「承認欲求」も「孤立への不安」もその原因は
幼児期時代の親や周りの大人からの何でも与えられた
甘やかされた生活がその根本にあると言われます。
甘やかされて育った子供は自分がこの世界の中心にいる
と思うようになります。
そして何でも思うように与えられる時はいいのですが
自分がどのように人間関係をつくったらいいのか
まったく無経験で自分からその関係を作ろうとはせずに
いつも相手が自分のことを気にかけて何でもしてくれる
自分中心の自己中の性格を変えることができません。
少年期や青年期になると人間関係をつくることができない
家に閉じこもる非接触型の人生しか送れなくなります。

社会との関係を閉ざす行動は「人間関係への恐怖」以上の
「自分がこの世界の中心でいられない」恐怖が根本にあります。
人間が持つ不安の多くは「承認欲求」と「孤立への不安」の2つで
これらの恐怖を守るために自己の「アイデンティティ」(自我)が
築かれるのです。

アイデンティティ(自我)にはいいも悪いもありません。
ただ余りにも「抑止力」が強すぎると社会生活や人間関係が
上手く機能しない人生を送ることになります。
それをどう改善するのか次回に改善点を話します。





サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 潜在意識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: