2024年02月27日

気が散る脳の機能を抑制する集中脳をつくる

群馬県前橋市富士見町の
「夢を叶える学習塾サクセス」
塾長ブログへようこそ。

このブログは未来を生きる中高生と
その親に向けて書いています。



脳の機能には大きく2つあると言われます。
一つは外側の出来事に向いた脳の機能であり
これを「認知脳」といいます。
もう一つは内側の心の状態に向けた脳の機能であり
これを「没入脳」(あるいはフロー脳)といいます。

「認知脳」は外部の状況や出来事を判断して
「すること」を明確にする脳です。
パフォーマンスの「何をするのか」の部分を支える
重要な脳の機能です。
しかしこの認知脳は気が散る状態を生み出す
意味付けの原因にもなります。
認知脳は外側の状況や出来事をいつも感じ取っているために
そこからの状況に自分の経験から感じ取れる意味付けを
行いそれがもとで集中が阻害されていつも気が散る
散漫な脳機能に陥るのです。

一方の「没入脳」は「何をするのか」にとらわれずに
「どうやってするのか」を心の内側に向けて
行動に結びつけるためにその行動を外側の状況に
影響されずに成し遂げる集中した状態を作り出します。

よくプロ選手が「フロー状態になる」と言いますが
これが「没入脳(フロー脳)」になった状態をいいます。
気が散るという状態は「ゆるがず」「とらわれず」という
外側の状況が自分の心に影響を与えて自分が何をすれば言いのか
今何をしたらベストなのかを考えるスキマを与えない
状況になる事をいいます。
一方でフローの状態は自分の外側がどんな状況だろうと
自分の心が内側に向き外側の騒ぎに影響されない
「没入状態になる」ことをいいます。

この「没入脳」の質が向上すると「何をするのか」の
時間の使い方も向上して
「勉強していて気づいたら2時間経っていた」という
時間感覚がなくなるような感覚が身につきます。

多くの人は自分の外側の出来事に向かう「認知脳」
の機能が長けていて
内側に向かう「没入脳」が弱く未熟な状態になっています。
このアンバランスな精神構造が集中力を弱める原因です。

「没入脳」をつくるためには幼児期の好きなことを
何時間もやった経験をもう一度思い出すことから
「没入感」を思い出すことです。
好きなことなら何時間でもやり続けられる
という経験があれば今自分がやらなければいけないこと
(例えば勉強とか)をいかに「好きなことと認知するか」
で集中度が変わります。
その時に必要なのが「認知脳」です。

「没入脳」と「認知脳」を上手く集中に使うための方法は
次回お話します。




サクセスは中学から高校入試のその先の
難関大や国公立大学合格を目指して
徹底して勉強を鍛えるトレーニング塾です。

中学のうちは定期テストや実力テスで
5教科400点〜450点を目指す
反復練習を繰り返し行います。
5教科400点を超えると高校入試は必然的に
県立前橋高校や前橋女子高校になります。

高校での学習は英語・数学を中心に
学校での定期テストや模試で目指す大学の
レベルを超える学力を鍛え上げる学習メニューで
学年トップクラス・模試で志望大学合格圏の
成績を目指します。

難関大・理系国立大志望者には
数学完全個別指導コースを用意します。
個々数年共通テスト数学は難度が高くなり
平均点が30点という厳しい結果になっています。
逆に言うと共通テスト数学で70点を取る実力を
身につければ難関大・国立大とも合格に一気に近づきます。
数学完全個別指導は生徒のレベルに合わせた指導で
数学を得点源にします。

今学校で成績が真ん中ほどでとても国公立大学など
無理だと言われている人は学校の進路指導に
受け身で任せていると推薦を進められる
結果になります。
自分で自分の人生を切り開きたいと思う人は
サクセスの大学受験コースの体験を受けてください。

サクセスの学習に関するお問い合わせは
お気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございます。


サクセス
027-289-8377
堤俊明

夢をかなえる学習塾&プロ家庭教師 サクセスは、
子どもの無限の可能性を伸ばし、学校教育とは違った観点から子どもの未来を創造します

posted by 塾長・堤 at 06:00 | Comment(0) | 脳科学を活用する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: